レビュー, 近代麻雀

「近代麻雀」8月1日号レビュー

近代麻雀 2016年8月1日号【雑誌】【2500円以上送料無料】

価格:570円
(2016/7/8 17:53時点)


ただいま発売中の「近代麻雀」8月1日号のレビューです。

巻頭カラー
「麻雀番組48年史」構成・文/黒木真生

麻雀対局番組が世に出てから48年ということですが、この企画あと2年待ってもよかったのでは? 2年後にはまたやるんでしょうが。

11PMでの小島武夫プロのイカサマ暴露からみるに、文字通り隔世の感がありますな。
「THEわれめDEポン」がBSに移り、地上波での麻雀番組はなくなりましたが、むしろ地上波でやる意味がなくなったということかもしれません。

記事に挙げられた番組のほかにも、ニコニコ生放送などではさらに多くの番組があるようで、今後は淘汰の時代に入っていくのでしょうか。

/11PMのテーマ

価格:939円
(2016/7/8 17:55時点)

モンド21麻雀プロリーグ 第3回名人戦 <全8巻セット>■ MONDO TV■【DVD】【中古】

価格:4,000円
(2016/7/8 17:59時点)

[DVD] 麻雀最強戦2016プレミアトーナメント無法の哭き 予選A卓

価格:2,462円
(2016/7/8 18:00時点)

麻雀最強戦2016プレミアトーナメント無法の哭き 予選B卓(DVD)

価格:2,615円
(2016/7/8 18:00時点)

「アカギ」福本伸行
EPISODE 287。詳細はこちらをお読みください。「アカギ」最新話レビュー(※ネタバレあり)

福本ヴィランズ パーカー 福本伸行 作品 カイジ アカギ 涯 黒沢 零 (FH1) Jellan ジップアップライトパーカー 兵藤和尊 兵藤和也 一条聖也 ニセアカギ

価格:5,000円
(2016/6/15 00:16時点)

数量限定★近代麻雀公式★アカギ鷲巣麻雀牌

価格:10,000円
(2016/6/15 00:16時点)

アカギ 31巻 / 福本伸行

価格:702円
(2016/6/15 00:18時点)

「兎」伊藤誠

前回までの話をすっかり忘れているのですが、ヴィヴィアン以外の3人がテンパイしているようです。そして俊がツモアガリ拒否のサシコミ。
それは「最高目」ではなく「アカれる方」というやつですね。そしていよいよオーラスだそうです。

どこかひとごとなのは、この勝負がなんだったのかもはやよくわかっていないからです。いわんや格闘パートをや。

予断ですが「兎」が掲載されていると、欄外の「何切る」がたくさん入っているので得した気分になります。2円50銭ほど。

兎 野性の闘牌 1-15巻セット [ 伊藤誠(1969-) ]

価格:9,565円
(2016/7/8 18:04時点)

「鉄鳴きの麒麟児 ~歌舞伎町制圧編~」塚脇永久/闘牌監修:渋川難波

フィルさんの子供時代の回想。どうやら地黒じゃなくてハーフだったようですね。
それにしても「近代麻雀」は混血とかカタワとか、表現に寛容ですねぇ。いや、これが普通なのかもしれませんが、大手出版社の言葉狩りをみていると、微笑ましくなります。出版界の無法地帯・竹書房、がんばれ。

対局は、桐谷の待ちをフィルさんがアンカンして最終決戦へ。

とても面白いです。

鉄鳴きの麒麟児 全巻セット (1-4巻 最新刊)/塚脇 永久/渋川 難波/竹書房

価格:2,800円
(2016/7/8 18:07時点)

女神の赤い舌 全5巻完結 (ビッグコミックス)/ウヒョ助(著)/小学館【中古】

価格:3,000円
(2016/7/8 18:08時点)
感想(0件)

「笑うあげは -緑一色の残照-」田中ユタカ

月イチ連載決定だそうで、盲目の女雀士再登場。盲目のあげはさんは治療師だそうで、視力を失いつつある「ゲームの達人」氷河龍児との対戦。すんごい金持ちっぽい人みたいですから、ハイテクで視力を取り戻すとかもできちゃいそうな気もしますが。

構成と画面の見易さで楽しませてくれます。とても面白いです。

好きでいっぱい [ 田中ユタカ ]

価格:702円
(2016/7/8 18:09時点)

初愛 [ 田中ユタカ ]

価格:668円
(2016/7/8 18:10時点)

しあわせエッチ [ 田中ユタカ ]

価格:586円
(2016/7/8 18:10時点)

「牌王血戦 ライオン」志名坂高次

二匹のライオン。黒田との勝負が決着します。あっさり黒田が死んでしまうのは驚きましたが、そういう世界観だから仕方ありませんね。
そして本物の堂嶋が登場。しかし堂嶋(ライオン)は銃で撃たれており、どうしようもありませんね。

どう処理するんでしょうか、コレ。

牌王血戦ライオン(1) [ 志名坂高次 ]

価格:702円
(2016/7/8 18:11時点)

牌王血戦ライオン(2) [ 志名坂高次 ]

価格:702円
(2016/7/8 18:12時点)

「3年B組一八先生」錦ソクラ

今回は少年チャンピオンのキャラクターに似た人物が登場。
残念ながら元ネタを存じ上げないので、楽しさ30%減といったところでしょうか。

なんとなく絵柄は見たことがあるので、ぽいなー くらいの印象ですね。
それでも麻雀マンガとして成立しているところが、楽しく読める理由でしょうか。

大変おもしろいです。

【古本】侍父 1/錦ソクラ【中古】 afb

価格:100円
(2016/7/8 18:13時点)

ロボこん!!(1)【電子書籍】[ 錦ソクラ ]

価格:702円
(2016/7/8 18:13時点)

「鉄牌のジャン!」西条真二/脚本:森橋ビンゴ

完全に麻雀そっちのけで料理バトルに突入しました。
目を覆わんばかりの迷走っぷりですが、どのように収拾をつけるのでしょうか。

西条ファンにはオススメ。

鉄牌のジャン! 1-2巻セット [ 西条真二 ]

価格:1,404円
(2016/7/8 18:15時点)

「赤鬼哭いた」小松大幹 闘牌:渋川難波

焼け野の雉子、夜の鬼(前編)。
ホームレスのゴローちゃんをカッパぐ、アオジの一味。毎度不快なシチュエーションを用意するのが上手いですね。最近はバッドエンドが減ったのは、さすがに読者からの反響でしょうか。
そんなゴローちゃんを救おうと、元ヤクザのホームレス仲間・朴さんが登場し、才二は否応なく巻き込まれます。

どうやらゴローちゃんには秘密があって、腕時計がキーアイテムになりそうですね。

そして手馴れた手順でゴローちゃんからマンガンをアガるアオジ。ヒラでも強そうです。

赤鬼哭いた(1) [ 小松大幹 ]

価格:702円
(2016/7/8 18:16時点)

赤鬼哭いた(2) [ 小松大幹 ]

価格:756円
(2016/7/8 18:17時点)

【全巻セット】ウイニング・チケット (1-21巻 全巻)/小松大幹/講談社/送料無料【中古】afb【全巻】【漫画セット】【古本】【大人買い】【最強の全巻ショップ】

価格:7,380円
(2016/7/8 18:18時点)

「麻雀小僧」押川雲太朗

バイマンと親バイのダブロンに放銃したヒゲ谷さん、かわいそうです。樫原さん、あまりの貫禄にすでに勝ち上がっているかと思いきや、そういえば結城さんを勝ち上がらせていたんでしたっけ。

この濃厚な闘牌シーンは押川先生ならではですね。

大変おもしろいです。

麻雀小僧 1-14巻セット [ 押川雲太朗 ]

価格:9,806円
(2016/7/8 18:25時点)

【中古】 ◆ 不死身のフジナミ 全6巻 押川雲太朗 全巻 完結 セット

価格:2,149円
(2016/7/8 18:20時点)

「平和荘のピン子」村川和宏

「平和子(たいら・かずこ)」と書いて「ピン子」と呼ばれる女子高生の話。お店でそう呼ばれるならまだしも、同級生が呼ぶのはどうなんでしょうか。

「麻雀やってる男なんてバカばっか!」

「近代麻雀」読者には耳に痛いセリフですね(否定はしない)。

「葵」に特別な思い入れのある玄さん。彼の抱える問題をピン子さんが解決する、麻雀で! という麻雀マンガの基本に忠実なストーリー。

おもしろいです。

天使メール【電子書籍】[ 村川和宏 ]

価格:540円
(2016/7/8 18:26時点)

将棋教室 [ 村川和宏 ]

価格:1,080円
(2016/7/8 18:27時点)

「高レート裏麻雀列伝 むこうぶち」天獅子悦也/闘牌協力:ケネス徳田

登竜門・3。多河盛り返しの巻。「オリジナルな戦略が試される!」と言ってますが、普通にいわゆるデジタルに見えますが違うのでしょうか。思考過程が流れ論でも、表出するのはデジタルと同じということでしょうか。負けているときはそうなりがちだとは思いますが。

むこうぶち 44

価格:702円
(2016/7/8 18:27時点)

麻雀破壊神 傀 人外の闘牌

価格:550円
(2016/7/8 18:29時点)

【中古】川俣先生教育日誌 1/ 天獅子悦也

価格:77円
(2016/7/8 18:31時点)

【中古】MAOH 1/ 天獅子悦也

価格:77円
(2016/7/8 18:32時点)

送料無料/大相撲SF超伝奇 五大湖フルバースト 上/西野マルタ

価格:648円
(2016/7/8 18:33時点)

近代麻雀 2016年8月1日号【雑誌】【2500円以上送料無料】

価格:570円
(2016/7/8 17:53時点)








麻雀ゲーム『Maru-Jan』

2016-07-08 | Posted in レビュー, 近代麻雀No Comments » 
Comment





Comment