2016-05

「近代麻雀」6月15日号レビュー

近代麻雀 2016年 6月 15日号 / 近代麻雀編集部 【雑誌】

価格:570円
(2016/5/31 23:53時点)


ああ、今回もまたギリギリになってしまった…。
あと1時間で新刊が発売されますので、それまでに急いでレビューしていきます。

巻頭カラー
土田浩翔プロによる「麻雀勝ちたいなら今チャンタが狙い目!」だそうです。

本当ですか、と思いながら記事を読んだらコレ赤無し麻雀じゃないですか。
付録DVD
すいません、未見です。
「鉄鳴きの麒麟児 ~歌舞伎町制圧編~」塚脇永久/闘牌監修:渋川難波

桐谷と稲作の連係プレーの続き。と思ったらフィルさんの反撃リーチ。
桐谷の待ち選択は!? という感じで盛り上がってます。卓の外の物語も盛り上がってきました。こういう演出方法は上手いなぁ、と素直に感心してしまいます。
面白いです。

鉄鳴きの麒麟児 1-4巻セット


「HERO」前田治郎/協力:福本伸行

状況が入り込み過ぎて説明が多いですね。もうちょっと省いていってもらいたいところ。
フリテンリーチに「千の手」が発動しますが…? 説明を省いて結果まで入れてもらいたかったですね。
まぁ「否っ…!!」って言ってるんで防御できたのでしょうが。

HERO(8) [ 前田治郎 ]

価格:699円
(2016/5/31 23:55時点)

「赤鬼哭いた」小松大幹/闘牌協力:渋川難波

さすがに読後感が悪すぎて、人気が下がったのでしょうか。前回と今回はいい終わり方を迎えました。
こっちの路線の方が全然いいと思うのですが、どうでしょうか。

赤鬼哭いた 2

価格:756円
(2016/5/31 23:56時点)

「麻雀小僧」押川雲太朗

一連の樫原対まー坊の闘牌シーンは本当に面白いですね。闘牌原作をつけないでこんなに面白いシーンをかけるなんて、押川先生は本当にコストパフォーマンスが高い方ですねぇ。まぁ、原稿料がいくらなのかは当然知りませんが。まー坊が勝つとわかっていても、引き込まれます。
大変面白いです。

麻雀小僧(13) [ 押川雲太朗 ]

価格:702円
(2016/3/11 11:52時点)

「鉄牌のジャン!」西条真二/脚本:森橋ビンゴ

単行本2巻が発売されるそうで、私は購入は控えますがおめでとうございます。
自分の手牌とツモを縦にくっつけて、音がしたら虐待とか意味がわかりません。

たぶん、

それ、イカサマじゃない…

こういう大事なディティールを雑に描かれると、読み手としては萎えてしまいます。というか

今回のエピソード、必要なの?

「新宿の鉄幹」仕込みのイカサマは、何よりも超運なんだぜ!!

…クククーッッとかいわれても、まったく意味がわかりません。

鉄牌のジャン! 1

価格:702円
(2016/5/31 23:57時点)

「牌王血戦 ライオン」志名坂高次

堂嶋対黒田。ライオンと狼の高い手作り合戦。手牌進行が面白いですね。
ところで、寄生虫に蝕まれながら麻雀を打つのって、いやだなぁ。

牌王血戦ライオン(1) [ 志名坂高次 ]

価格:702円
(2016/3/11 11:51時点)

「美魔女将露天淫獄風呂<後編>」遊人

なんともレビューが難しい作品ですが、エロス描写になみなみならないプロ魂を感じます。

新・校内写生(1) [ 遊人 ]

価格:637円
(2016/5/16 00:15時点)

「ドア・スコープ」鯛夢

エロいやつの次はコワい読みきり作品。麻雀大会の途中に、死んだストーカーの話をしだす人ってキライです。
ホラーとしては秀作だと思います。

怪談百物語新耳袋(第4夜) [ 鯛夢 ]

価格:668円
(2016/6/1 00:03時点)

「高レート裏麻雀列伝 むこうぶち」天獅子悦也/闘牌協力:ケネス徳田

最近のブームに乗ってか、手牌読みに長けた敵役・景山。
傀の御無礼モードにハメられて、お約束の敗退コースに。
あと、今回の傀さんはいつもよりおしゃべりでした。

むこうぶち(43) [ 天獅子悦也 ]

価格:702円
(2016/3/11 11:52時点)








麻雀ゲーム『Maru-Jan』

2016-05-31 | Posted in レビュー, 近代麻雀No Comments » 

 

「近代麻雀」6月1日号レビュー

付録DVD

 麻雀最強戦2014新鋭プロ決勝
 麻雀最強戦2014著名人風神編決勝
 第32期鳳凰位決定戦

すいません、未見です。

巻頭カラー企画
女流プロのお仕事

水瀬千尋さんという方の密着記事。
衣装は意外とかかりそうですね。


「アカギ」福本伸行

アカギが「最後のツモ」と感じたそうですが、アガリはならず。しかし鷲巣の必要牌を潰すことには成功。
そして安岡のツモは黒牌。
「最後のツモ」が本当だとすると、さすがに[リャンソー]で、アカギにポンさせるでしょうね。

[DVD] 闘牌伝説アカギ DVD-BOX 1 覚醒の章

価格:17,073円
(2016/5/16 00:17時点)


「麻雀大好き! 花山くん」田中ユタカ

麻雀荘初体験の若者が主人公。
麻雀を覚えたばかりの頃を思い起こさせる好短編。

 

「牌王血戦 ライオン」志名坂高次

前回は、国士を警戒するあまりに九蓮宝燈に放銃してしまったとのこと。堂嶋は振り込みも豪快ですね。
戸村とクニヒロの活躍は割愛。そして、再び堂嶋と黒田の闘いに。
寄生虫に蝕まれながら麻雀を打つのは、勘弁してもらいたいです。

牌王血戦ライオン(1) [ 志名坂高次 ]

価格:702円
(2016/3/11 11:51時点)

「鉄鳴きの麒麟児 ~歌舞伎町制圧編~」塚脇永久/闘牌監修:渋川難波

白目が復活したフィルさん。

現物の食い直しによって、意思の疎通を図る桐谷と稲作。1牌鳴かせるだけに、そこまでの読みを入れられる2人の実力の高さをうまくあらわしておりますね。
大変面白いです。

鉄鳴きの麒麟児 1-4巻セット

 

「美魔女将露天淫獄風呂<前編>」遊人

「パンズラ」(でしたっけ?)とかいった前後編モノとまったく同じ構図で、シチュエーションが露天風呂に置き換わった作品。
エロス枠としては、まぁよいのでしょうか。ウナギたちが向かう先は!? とか言われても困ってしまいます。

新・校内写生(1) [ 遊人 ]

価格:637円
(2016/5/16 00:15時点)

「雀SAW」モンキー・チョップ
「SAW」をモチーフにしたギャグマンガ。素直に笑ってしまいました。
おもしろいです。

名勝負数え唄(1)【電子書籍】[ モンキー・チョップ ]

価格:540円
(2016/5/16 00:19時点)

 

「3年B組一八先生」錦ソクラ

タフっぽい親子が登場しての「三麻面談」。
灘雀影流”百足固め”、すばらしいですねぇ。ソーズってなんかムカデっぽいですもんね。

キャラクターと闘牌の融合度がとんでもなく高いです。平成の「ぎゅわんぶらぁ自己中心派」といってもよいでしょう。
大変面白いです。

【古本】侍父 1/錦ソクラ【中古】 afb

価格:100円
(2016/5/16 00:20時点)

ロボこん!!(1)【電子書籍】[ 錦ソクラ ]

価格:702円
(2016/5/16 00:21時点)

「麻雀小僧」押川雲太朗

まー坊の決死の差し込みで、樫原さんのアガリを潰します。そして自らトビ寸になることによって、ヒゲ谷さんの絞りをゆるめさせる作戦も成功します。
結果的にヒゲ谷さんに差し込んでもらい、またまた樫原さんのアガリを潰します。
こういった麻雀シーンをかかせたら文句なく日本一でしょう。
とても面白いです。

麻雀小僧(13) [ 押川雲太朗 ]

価格:702円
(2016/3/11 11:52時点)

「高レート裏麻雀列伝 むこうぶち」天獅子悦也/闘牌協力:ケネス徳田

特別席・1。大洋ホエールズがまだ存在した頃の話。読みに自信のある景山さんが、今回のターゲット。
傀さんの、チートイツリャンシャンテンからのポンは何だか気になりますが、最後のハシラの景山さんが影山さんになっている方が気になります。
面白いです。

むこうぶち(43) [ 天獅子悦也 ]

価格:702円
(2016/3/11 11:52時点)








麻雀ゲーム『Maru-Jan』

2016-05-16 | Posted in レビュー, 近代麻雀No Comments » 

 

「近代麻雀」5月15日号レビュー

近代麻雀 2016年 5月 15日号 / 近代麻雀編集部 【雑誌】

価格:570円
(2016/5/1 23:55時点)
感想(0件)


付録DVD

 近代麻雀プレミアリーグ2015決勝
 第6回麻雀トライアスロン東風戦
 第24期發王戦決勝

すいません、未見です。

巻頭カラー企画はタイプ別麻雀強化法だそうです。
鳴く鳴かないはそのときの気分なので、なんともいえませんね…。

「牌王血戦 ライオン」志名坂高次

前回の話はなんだったのでしょうか。展開が速いのは大歓迎ですが…。堂嶋に会わせることを条件に次の仕事に駆り出されるライオン。そして対戦相手は黒田。そしていきなり飛び出す九蓮宝燈。なんだか大味ですね。

牌王血戦ライオン(1) [ 志名坂高次 ]

価格:702円
(2016/3/11 11:51時点)

「鉄鳴きの麒麟児 ~歌舞伎町制圧編~」塚脇永久/闘牌監修:渋川難波

意外なゲストの登場でメンタルがゆれるフィルさん。魔人に植え付けられたトラウマを刺激されまくり、フィルさんは崩れてしまうのでしょうか?
いや、そうはなりませんよねぇ。
面白いです。

鉄鳴きの麒麟児 1-4巻セット

「赤鬼哭いた」小松大幹/闘牌:渋川難波

久々に後味の良い終わり方。この作品には悪い意味で毎回ハラハラさせられますので、こんな感じでオチをつけていただければ安心できてよろしいかと思います。

「18階のモスキート」岡田鯛/原作:花崎桂司

なんとなく既視感を覚える読みきり作品。よくいえば上手くまとまってますが、悪く言えば平凡。んー、もう一ヒネリという感じでしょうか。

 

「HERO」前田治郎/協力:福本伸行

つなぎ回。マグマ溜り打法イコール「よいツモ」という理解でよろしいか。健のとった作戦の方が、打法というのにはふさわしいですな。
ひろゆきが三色を捨ててリャンシャンテンに戻したのはなぜでしょうか?

「麻雀小僧」押川雲太朗

自分へのマークを外すために、ヒゲ谷さんを押し上げるという諸刃の刃を使うまー坊。この作戦をうまく闘牌に落とし込めるのは、さすが押川先生といったところ。
とても面白いです。

麻雀小僧(13) [ 押川雲太朗 ]

価格:702円
(2016/3/11 11:52時点)

「むこうぶち」天獅子悦也

坊主MEETS坊主はずるいですな。面白いですわ。

むこうぶち(43) [ 天獅子悦也 ]

価格:702円
(2016/3/11 11:52時点)








麻雀ゲーム『Maru-Jan』

2016-05-02 | Posted in 近代麻雀No Comments »