レビュー, 近代麻雀

「近代麻雀」4月15日号レビュー

近代麻雀 2016年 4/15号 [雑誌]

価格:570円
(2016/3/24 11:45時点)

今号には特別付録として「麻雀公式ルールブック2016」が付いています。
麻雀はローカルルールが多く、統一されていない部分が多いだけに基準となるルールを設けるのはよいことですね。

巻頭カラー企画
「麻雀プロのルーティーン」
流行ものに飛びつくという、雑誌としては正しい姿勢。内容はまぁ、はぁそうですか、というものなのですが、久々に登場したエル・インコ氏が目をひいた。何を思って10年以上前に滑ったキャラクターを持ち出してきたのか。写真も明らかに使いまわし。個人的には好き。

「牌王血戦 ライオン」志名坂高次
「首切りするライオン」だそうで。サイバー・ロック社の幹部に敗れた堂嶋は、なぜか電気屋さんのリストラのお手伝いをすることに。お手伝いといっても、麻雀ですけどね。あらゆるトラブルを麻雀で解決しようとする、麻雀漫画の正しいスタンスです。
それにしてもサイバー・ロック社とは、てっきりIT企業だと思っていたのですがコンサルティングだったんですね…。

牌王血戦ライオン(1) [ 志名坂高次 ]

価格:702円
(2016/2/22 11:16時点)

「鉄牌のジャン!」西条真二/脚本:森橋ビンゴ
外間のトリックは、香水で白のありかがわかるという、強引というか、リアリティがないというか、まぁ陳腐なガッカリネタだったわけですが。
反省すべき点は「匂いによるガン付けで個別の牌を認識できる」というロジックが「あまりにも嘘くさい」というところでしょうか。
これを読んで、納得する人などいるのでしょうか? と問いたいくらいのひどい出来です。あと、アナウンサーにうっかり「ジャン」と言わせてしまっているところも減点です。ファミ通のレビューなら2点以下でしょう。
とはいえ単行本は重版出来したそうなので、やはり西条ファンなら、ということでしょうか。

鉄牌のジャン!(1) [ 西条真二 ]

価格:702円
(2016/2/22 11:12時点)

「鉄鳴きの麒麟児 ~歌舞伎町制圧編~」塚脇永久/闘牌監修:渋川難波
桐谷に魔人を重ねるフィル。そして的確に湯鳥に差し込むことで、「魔人度」を上げていく桐谷。いいですねぇ。フィルに危なそうに見える牌で、ピンポイントに湯鳥にアガらせる、その根拠はあるのでしょうか。次回にうまく明かされれば、さらに評価は上がります。
大変面白いです。

鉄鳴きの麒麟児 1-4巻セット

価格:2,796円
(2016/2/22 11:13時点)

鉄鳴きの麒麟児歌舞伎町制圧編(1) [ 塚脇永久 ]

価格:702円
(2016/2/22 11:14時点)

「柏木 –白き死神-」森遊作
2号連続掲載。今回の犠牲者は事件屋さん。
「オレがラスを引くのを見たことあるか!?」
とのセリフから、自信の程がうかがえます。もしくはとんでもない自信家なのでしょうか。
闘牌シーンも面白く、よくまとまっていますね。初期の「むこうぶち」を思わせる出来栄えです。
とても面白いです。

鉄火場のシン 全10巻セット [ 森遊作 ]

価格:6,989円
(2016/3/11 11:47時点)

「HERO」前田治郎
卓間弾道弾、いいですねぇ。嘘をつくならこれくらい派手にやってもらいたいところです。ジャンに見習ってもらいたいですね。
誰もが「絶対ムリ!」とは思うものの、誰も試したことがない技なので「理論上可能かも?」とも思わせることが出来るのです。これが漫画のよいところです。“千の手”李も笑われてくれます。
なかなか面白いです。

HERO(1) [ 前田治郎 ]

価格:699円
(2016/3/24 11:49時点)

HERO(8) [ 前田治郎 ]

価格:699円
(2016/3/24 11:50時点)

広告
CSテレ朝チャンネルにて「麻雀オールスター」という番組が放送されるようです。10時間の生番組とは、思い切った企画ですね。

「籠の中の蛙」竹添裕史/原作:渋川難波
第3話。相手に対応させるための仕掛け。こういうのはプロ雀士が原作についていればこそのネタで、とてもよいですね。まぁ、親の仕掛けなら対応しないわけにはいきませんからね。3回戦オーラスの河状況からの打牌選択も、きっとスゴイ読みを次回披露してくれるのでしょう。期待は高まります。
面白いです。

籠球者 [ 竹添裕史 ]

価格:626円
(2016/3/11 11:44時点)

「麻雀小僧」押川雲太朗
樫原の強さを、これでもかという具合に思い知らせてくれます。あんな6000オールを見せられたら普通は心が折れますが、まー坊の反撃に期待です。
とても面白いです。

麻雀小僧(13) [ 押川雲太朗 ]

価格:702円
(2016/3/11 11:52時点)

「高レート裏麻雀列伝 むこうぶち」天獅子悦也/闘牌協力:ケネス徳田
なつかしの雅さんの再登場。やはりいいキャラクターしてますね、この方。
そして、堂峰というまたいい顔をした敵役も登場し、面白い展開を期待させます。
面白いです。

むこうぶち(43) [ 天獅子悦也 ]

価格:702円
(2016/3/11 11:52時点)

 

近代麻雀 2016年 4/15号 [雑誌]

価格:570円
(2016/3/24 11:45時点)

麻雀ジャーナル
今回はふれられていませんが、前回日本プロ麻雀連盟の欄にあった「重大発表」とは、日本プロ麻雀連盟のプロ雀士と、ネット麻雀「天鳳」の最上級位である「天鳳位」との対抗戦を行うということだったようです。面白そうです。














麻雀ゲーム『Maru-Jan』

2016-03-24 | Posted in レビュー, 近代麻雀No Comments » 
Comment





Comment