近代麻雀

「近代麻雀」4月1日号レビュー

【新品】【本】近代麻雀

価格:570円
(2016/3/11 11:42時点)

付録DVD(すいません未見です)

麻雀最強戦2015ファイナル「親倍ダブリーVS神の手順」だそうで「親倍ダブリー」とは技術介入度が低そうな…。

近代麻雀2015プレミアリーグ
女流プロ出場枠争奪戦

巻頭カラー
麻雀最強戦2016特集
今年も麻雀最強戦が始まるそうで、明日3月12日には「女流プロ代表決定戦・下克上血戦」が行われるようです。

「アカギ」福本伸行
アカギがツモった牌はリャンソー。アガリ成らず。しかしイーソーをアンカンして、再びリンシャン牌をツモる権利を得ます。あ、2行で終わっちゃいましたね。
今回はお得意の比喩表現もなく、スピーディーにすすんだ印象がありましたが、さにあらず。状況説明を端的に描写したのみで、「スピーディー鶴」ならず。あアカギはフリテンの嵌スーソーでテンパイです。

アカギ [ 本郷奏多 ]

価格:15,800円
(2016/3/11 11:43時点)

「籠の中の蛙」作画:竹添裕史/原作:渋川難波
1回戦目は皆川の圧勝。しかし、皆川は謙さんが弱くなっていたことにモヤモヤを感じている様子。そしてやめとけばいいのに、敵に塩を送るようなセリフで謙さんを本気にさせてしまいます。なにか盛り上がっている風ではありますが、大金が掛かった状況では私は違和感を感じてしまいますね。

籠球者 [ 竹添裕史 ]

価格:626円
(2016/3/11 11:44時点)

「鉄鳴きの麒麟児 ~歌舞伎町制圧編~」塚脇永久/闘牌監修:渋川難波
湯鳥くんがフィルさんを欺いて12000を直撃。相手を知っているとこういう奇手が功を奏するという見本ですね。さて、今回はフィルさんの回想の回。魔人と打ち合ったときの思い出です。次回でウーワンが通る理由を教えていただきたいところです。


鉄鳴きの麒麟児歌舞伎町制圧編(1) [ 塚脇永久 ]

価格:702円
(2016/3/11 11:45時点)

「仕事が麻雀で、麻雀が仕事」藤田晋
「強いやつはどんなルールでも強い」だそうで、おっしゃるとおりです。

会社を辞めても辞めなくてもどこでも稼げる仕事術 [ 藤田晋 ]

価格:1,620円
(2016/3/11 11:46時点)

「柏木 白き死神」森遊作
「鉄火場のシン」の脇キャラクターだった柏木のスピンオフ。闘牌監修はなし。ピカレスク読みきりのオーソドックスな作品。よいと思います。キメのコマがもっとかっこよければさらによいのですが。

鉄火場のシン 全10巻セット [ 森遊作 ]

価格:6,989円
(2016/3/11 11:47時点)

「鉄牌のジャン!」西条真二/脚本:森橋ビンゴ
イカサマが発覚したのに、対局続行とは強引すぎやしませんか。シャシャシャシャシャのシャーッッって…。白のありかとか、一応謎解きの体裁は繕っていますが正直いうと、もうどうでもいいです。老体には読むに耐えません。西条ファンなら。

鉄牌のジャン!(1) [ 西条真二 ]

価格:702円
(2016/3/11 11:49時点)

「3年B組一八先生」錦ソクラ
月1連載化だそうで、うれしい限りです。
今回は「ドラゴン桜」っぽいキャラクターが登場。同作品のプロットを見事に麻雀マンガに置き換えることに成功しています。ドラゴンだけに、オチのアレもお見事です。落語的な気持ちよさを覚えます。
大変面白いです。

【古本】侍父 1/錦ソクラ【中古】 afb

価格:100円
(2016/3/11 11:50時点)


ロボこん!!(1)【電子書籍】[ 錦ソクラ ]

価格:702円
(2016/3/11 11:50時点)

広告
「てんパイクイーン」「りりぽんのトップ目とったんで!」とCSの麻雀番組が2本。
低予算で枠を埋められる麻雀番組は、コストパフォーマンスがよいということでしょうか。あとは各局の企画力でどれだけ差別化を図れるかという流れになっていくかと思われます。今年から来年あたりは「え、この人が麻雀番組に!?」という意外な人が登場しそうですね。
よい流れだと思います。

「牌王血戦 ライオン」志名坂高次
「値踏みされるライオン」。先ヅモして牌を入れ替えるとかは、普通にクレームをつければよいと思いますが、どうやらそういう場ではない模様。国士無双と四暗刻のオープン対決は、意外にも社長に軍配。先の読めない展開はいいですね。
面白いです。

牌王血戦ライオン(1) [ 志名坂高次 ]

価格:702円
(2016/3/11 11:51時点)

「麻雀小僧」押川雲太朗
スピードを武器に食い仕掛けに走るまー坊と、ブロックするヒゲ谷。一萬まで止めてテンパイとは、ヒゲ谷さん強いじゃないですか! これじゃあ、まー坊に勝ち目がないように見えますが…。
とても面白いです。

麻雀小僧(13) [ 押川雲太朗 ]

価格:702円
(2016/3/11 11:52時点)

「高レート裏麻雀列伝 むこうぶち」天獅子悦也/闘牌協力:ケネス徳田
なにか既視感を感じると思ったら、小暮さんのエピソードと同じ構造じゃないですか。初心に帰る的なやつでしょうか。しかし、小暮さんみたいに「ウルトラC」で詰める描写まではされていないので、ずいぶんとマイルドになった印象があります。オチまでキッチリつけていた小暮さんの方が完成度は高かったように思いますが…。

むこうぶち(43) [ 天獅子悦也 ]

価格:702円
(2016/3/11 11:52時点)

麻雀ジャーナル
日本プロ麻雀連盟ニュース3月11日(金)21時、重大すぎる発表、だそうです。

【新品】【本】近代麻雀

価格:570円
(2016/3/11 11:42時点)









麻雀ゲーム『Maru-Jan』

2016-03-11 | Posted in 近代麻雀No Comments » 
Comment





Comment