レビュー, 近代麻雀

「近代麻雀」3月15日号レビュー

近代麻雀 2016年 3/15号 [雑誌]

価格:570円
(2016/2/22 11:11時点)

ただいま発売中の「近代麻雀」3月15日号のレビューです。

付録DVD
・2016年イチ押し!女流プロインタビュー
・麻雀最強戦2015サイバーエージェントカップ
・近代麻雀プレミアリーグ2015

※すいません、未見です。

巻頭カラー記事
2016年イチオシの注目女流雀士
DVDとの連動企画で20名のお嬢さんが紹介されています。
麻雀をとりまく環境も変わったものですな。年寄りには感慨深いです。

「鉄牌のジャン!」西条真二/脚本:森橋ビンゴ
全雀連VS無敗の麻雀道場の半荘2回勝負。不思議な白の使い方で1回戦は麻雀道場の完勝。もし外間のトリックが、他の牌になにかを埋め込んで白にしているなんていうチープなネタだったら…、などと考えると恐ろしくなってきますが、そうでないことを祈ります。素直にジャンの反撃に期待したいと思います。
単行本1巻が発売中だそうです。

鉄牌のジャン!(1) [ 西条真二 ]

価格:702円
(2016/2/22 11:12時点)


「鉄鳴きの麒麟児 ~歌舞伎町制圧編~」塚脇永久/闘牌監修:渋川難波
稲作くんがフィルさんの裏をかいて5200点の直撃。こんな顔でアガられたら誰だって頭にきますよ! そして湯鳥くんが愛宕さんに土下座して借金を申し込みます。なんだかよくわかりませんが愛宕さんが男前に見えます。そして湯鳥くんが戦線復帰。フィルさんが湯鳥くんの手をチートイツと読む根拠、そしてその裏をかく単騎待ち。いいですねぇ。麻雀マンガはこうあるべきでしょう!
大変面白いです。

鉄鳴きの麒麟児 1-4巻セット

価格:2,796円
(2016/2/22 11:13時点)


鉄鳴きの麒麟児歌舞伎町制圧編(1) [ 塚脇永久 ]

価格:702円
(2016/2/22 11:14時点)

「一牌入魂」前田直哉
最強位をとった前田プロのコラムが新連載。前田プロが様々なプロの魂のこもった一打を紹介するそうです。

「籠の中の蛙(かわず)」竹添裕史/原作:渋川難波
渋川プロ原作の4話集中連載。「麻雀界の至宝」とはやや持ち上げすぎな気もしますが。
さすがに闘牌シーンは面白く読ませてくれます。そのへんの安心度は高いですね。しかしそれ以外の部分はというと、今のところ「普通」という印象です。次回以降にも期待したいと思います。

「仕事が麻雀で、麻雀が仕事」藤田晋
AmebaFRESH!という動画サービスが始まったそうです。私も少しだけ見てみましたが高画質で見やすかったですね。今後も機会があれば利用したいと思います。

起業家 [ 藤田晋 ]

価格:1,620円
(2016/2/22 11:15時点)

「牌王血戦 ライオン」志名坂高次
勝負に勝った堂嶋ですが、機械トラブルで他家3人の足指全てを吹き飛ばしてしまって3億円の借金を負うという超展開。堂嶋がサイバーロックに借金を申し出て、それを承認するか否かをかけた勝負が始まります。“堂嶋”のノド元にまで近づいた堂嶋、とりあえず目先の役員との勝負に勝たねばなりませんが…。

牌王血戦ライオン(1) [ 志名坂高次 ]

価格:702円
(2016/2/22 11:16時点)

「赤鬼哭いた」小松大幹/闘牌:渋川難波
なんともレビューの難しい作品です。子供好きの理科教師が、変態性欲を抑えきれずに身を持ち崩す様が描かれているのですが、
「ニーズはどこに?」
というのが率直な感想です。描写はリアリティがあって説得力もあるのですが、やはり
「ニーズはどこに?」
と思わざるをえません。
手順ミスで才二に振り込んでしまうあたりが、渋川プロの腕の見せ所なのでしょうか。いや「麻雀界の至宝」の無駄遣いじゃないですかね。あと、野暮は承知ですが子供は雀荘に入っちゃダメですからね。

赤鬼哭いた(1) [ 小松大幹 ]

価格:702円
(2016/2/22 11:17時点)

赤鬼哭いた(2) [ 小松大幹 ]

価格:756円
(2016/2/22 11:18時点)


読み切り作品「白鳥四十郎 –和了らずの男-」田中ユタカ
高倉健風のメンバーの物語。かなり昔に掲載されていた「ミスターブラフマン」という厳つい顔した少女漫画家の麻雀マンガを思い出しましたが、本作はギャグテイストではありません。高い手が入っても、アガらずに安い手を狙う白鳥メンバー。白鳥メンバーって書くとイリーガルな雰囲気が漂いますが、気のせいですね。人を楽しませる麻雀に徹する、店員としての麻雀を打つことを心がけているようですね。読み切りとしてうまくまとまってます。

初愛 [ 田中ユタカ ]

価格:668円
(2016/2/22 11:18時点)


好きでいっぱい [ 田中ユタカ ]

価格:702円
(2016/2/22 11:19時点)


【中古】ミスターブラフマン (1)【単品】張慶二郎・竹書房・近代麻雀 (チョウケイジロウ)【発掘品】【男性もの】

価格:70円
(2016/2/22 11:19時点)

「HERO」前田治郎/協力:福本伸行
常識破りの卓間弾道弾(フライング・パイ)―!!! だそうで、単純に5枚目の牌とかでバレちゃいそうな気がしますが…。どうなんでしょうか。

HERO 1-8巻セット [ 前田治郎 ]

価格:5,598円
(2016/2/22 11:20時点)


【中古】コンビニコミック 麻雀博打島 ナグモ 凄絶死闘編!! / 前田治郎【画】【中古】afb

価格:520円
(2016/2/22 11:21時点)

「ナナヲチートイツ 紅龍」前川かずお/原作:森橋ビンゴ
なにがなんだかわかりませんが、私以外の読者の人はついていけているのでしょうか…?

ナナヲチートイツ 1-3巻セット [ 森橋ビンゴ ]

価格:2,097円
(2016/2/22 11:21時点)

「麻雀小僧」押川雲太朗
樫原VSまー坊。樫原の化け物じみた強さと、麻雀観がうまく描かれています。闘牌シーンもとてもリアルで、思わず引き込まれてしまいます。こういう説得力ある麻雀シーンは、やはり打てる人でないとかけないものなのでしょうか。
大変面白いです。

麻雀小僧(13) [ 押川雲太朗 ]

価格:702円
(2016/2/22 11:22時点)

「高レート裏麻雀列伝 むこうぶち」天獅子悦也/闘牌協力:ケネス徳田
今回はいつにも増してセリフが多いですが、やはり読みやすさに定評の有る天獅子先生、まったく読者にストレスを感じさせない構成です。
物語はやはり、後堂に時間稼ぎをさせている間に大村組の裏を取るという江崎の作戦だったようです。傀が現れたのは不測の事態だったようですが、そこは後堂が技量でカバー。本当にいいコンビですね、この2人は。卓外のストーリーと卓内の戦いが噛み合わさる様に匠の技を感じます。
とても面白いです。

むこうぶち(43) [ 天獅子悦也 ]

価格:702円
(2016/2/22 11:23時点)

次号予告
祝!「3年B組一八先生」月1連載化!!

近代麻雀 2016年 3/15号 [雑誌]

価格:570円
(2016/2/22 11:24時点)











無料ポイントプレゼント

2016-02-22 | Posted in レビュー, 近代麻雀No Comments » 
Comment





Comment