レビュー, 近代麻雀

アカギ最新話レビュー(※ネタバレあり)

近代麻雀 2016年 2/1号 [雑誌]


ただいま発売中の「近代麻雀」2月1日号に掲載されている「アカギ」のレビューです。

 

年末に発売された号だというのに、更新が遅れてしまいまして申し訳ありません。
鷲巣のアガリ牌を先にツモり、国士のアガリを阻止したアカギ。

そのアカギに対して鷲巣は

「やはり今おまえに流れはないの…!」

と、聞き分けのないギャルのようにわからんチンを言い出します。

 

仰木は「何言ってんだコイツ?」状態ですが、鷲巣が次にツモった牌を見て状況を理解します。

0201_akagi

▲今回の見せ場です

 

鷲巣のツモ牌は[發]。

そして手牌の[白]のとなりの黒牌も(仰木目線からはおそらく)[白]。

 

なんと、三元牌がすべてトイツ!

さらにその全てが鈴木からのアシストが可能!

 

なんとなんと、鷲巣の大三元が確定したのです!

 

…などとわざとらしく盛り上がってみましたが、アカギが4枚目の[1ソー]をツモった時点で予測されたとおりの展開でしたね。若干スピーディーに鷲巣がツモったので、次回はテンパイくらいまではすすんでもらいたいと思います。

 

最後は、同テンの引き合いとかになるのでしょうか…。

アカギ(30) [ 福本伸行 ]

価格:702円
(2016/1/12 15:17時点)

数量限定★近代麻雀公式★アカギ鷲巣麻雀牌

価格:10,000円
(2016/1/12 15:18時点)

2016-01-12 | Posted in レビュー, 近代麻雀No Comments » 
Comment





Comment