2016-01

「近代麻雀」2月15日号レビュー

近代麻雀 2016年 2/15号 [雑誌]

価格:570円
(2016/1/29 21:54時点)


またもやギリギリになってしまいましたが、サクサクっとレヴューしましょうか。

恒例の何切る?キャラクター占い

この企画も毎年やっていて、よくネタがつきませんなぁ。ちょっと奇をてらったらひろゆきですと。まぁ、なんでもいいですけど。

「高レート裏麻雀列伝 むこうぶち」天獅子悦也/闘牌協力:ケネス徳田

江崎のうっかりミス(?)で、マイナスできない麻雀を打つハメになった後堂。ブー麻雀は制約が難しくてマンガ向きではないと思っていたのですが、やはり説明のモノローグが多目になってしまいますね。その割には読みづらくないのは流石天獅子先生の手練の技でしょうか。
そして案の定、江崎はワザと空手で後堂を使いにやったようですね。ということは、大村組には現金を持って行ってはいけない理由があるということでしょうか…。こうでなくっちゃぁ、面白くないですよね。

むこうぶち(第1巻) [ 天獅子悦也 ]

価格:606円
(2016/1/29 21:59時点)
感想(3件)

 

「牌王血戦 ライオン」志名坂高次

いきなり足指を吹っ飛ばされる堂嶋。!?っと思ったら、前回のヒキで堂嶋のラスが確定してたのですね。歳をとると何も覚えてなくていけません。「いってぇえぇ~ッ」どころの話ではないと思いますが、痛いのは逆転されたことですか。こういうセリフのやりとりは、キャラクターを立たせるのに重要なテクニックですね。麻雀シーンとしては特筆すべきアイディアはありませんが、最後のマンガンなどは堂嶋の決意の表現とよくマッチしており、面白く読めますね。

牌王血戦ライオン(1) [ 志名坂高次 ]

価格:702円
(2016/1/29 21:55時点)

 

「鉄鳴きの麒麟児 ~歌舞伎町制圧編~」塚脇永久/闘牌監修:渋川難波

「名前を売る」宣言をした桐谷の攻撃のターン。こういうあおり合いは勝負モノらしくてよいですねって、以前にも同じことを言ったような気もしますが。ラストの桐谷のアガリ形は、彼の進化を表現しつつも片割れもアガりやすそうな牌になっているところがミソですね。物語と麻雀がハマってますね。とても面白いです。

 

「赤鬼哭いた」小松大幹/闘牌:渋川難波

いやー、このラストは正直引きますわ…。どこまで後味の悪いマンガが描けるのかという、間違った挑戦を続けているようにすら思えてしまいます。主人公がなぜ麻雀を打っているのかもよくわかりませんし、別企画の連載を描いてもらうわけにはいかないのでしょうか…。

赤鬼哭いた(1) [ 小松大幹 ]

価格:702円
(2016/1/29 21:56時点)

 

「鉄牌のジャン!」西条真二/脚本:森橋ビンゴ

一番のキメシーンで堂々とフリテンしてますよ…。やや闘牌シーンが強引なのはしょうがないとしても、シャンポン待ちのフリテンくらいは修正しておいてもらいたいものです。この作品、イマイチ色々ハマってないように思えてしまいます。

至福の暴対レシピ(1) [ 西条真二 ]

価格:610円
(2016/1/29 21:57時点)

 

広告

More SPECIAL TALK LIVE

今回はキレイなお嬢さんの見開きページにエーツー美容外科の広告が。「包茎」だの「早漏」だのと、もはやワザとやっているようにしか思えませんな。

日テレプラス「妻にはショナイで!」

CSでの麻雀番組の告知が。1月29日午後11時って、あと1時間と少しですね。。。私は残念ながら視聴できませんが。麻雀番組が増えるのは喜ばしいですね。

 

「HERO」前田治郎/協力:福本伸行

最近「天」を読み返して気づいたのですが、今回でいう恐竜のたとえみたいなシーンは「天」にはほとんど出てこないんですね。さらにいうと演出的にも急に卓上に風が吹いたり、鳥の目からレーザーが出るような描写ももちろんなく、トーンが低いんですよ。テンションは高いんですが、あくまで演出のトーンが低いということです。
何が言いたいかというと、現在のこの作品はその逆で「テンションが低いのに演出のトーンが高すぎて、読者の気持ちがのらない状態」に陥ってしまっているのではないか、ということです。その辺が改善されれば復活の余地はあるのではないかと。
まぁ単なるジジイの繰言ですので、聞き流していただければと思いますが。

HERO(1) [ 前田治郎 ]

価格:699円
(2016/1/29 21:57時点)

 

「麻雀小僧」押川雲太朗

正岡選手って誰?と思ってしまいました。樫原さんが肉を食べているのを見るとニヤリとしてしまいます。今回は次回の勝負にむけてのお膳立ての回ですね。それにしても押川先生の描くラブシーン(?)は、なんか読んでいる方がいたたまれなくなってしまうのは私だけでしょうか…。

麻雀小僧(1) [ 押川雲太朗 ]

価格:699円
(2016/1/29 21:58時点)

 

読み切り作品「家族の思い出(アルバム)」天獅子悦也

来ました! 天獅子作品2本立て! そして面白い! さすがの筆力であります!
兄弟と家族のドラマと、闘牌シーンをとても上手く絡ませて、かつ短編読み切りとして纏め上げる構成力! 最高です!
大変面白いです。

次号には麻雀最強位となったプロの方の読み切り「Distance -前田直哉-」木村周司/森橋ビンゴと、「サトリ」山口譲司が掲載だそうです。










2016-01-29 | Posted in レビュー, 近代麻雀No Comments » 

 

「近代麻雀」2月1日号レビュー

近代麻雀 2016年 2/1号 [雑誌]

価格:680円
(2016/1/12 15:38時点)


遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

さて「近代麻雀」は年末号ということで、DVDと小冊子の豪華ダブル付録だそうです(両方とも未見です)。

 

巻頭カラー

今年の最強戦は、前田直哉というプロ雀士の方が優勝されたそうです。おめでとうございます。現在モンド杯に出場されている方だそうです。

 

「アカギ」福本伸行

くわしくはこちらをお読みください。

 

「兎」伊藤誠

正直言うと、連載が長すぎてどういうシチュエーションで戦っているのかもはや曖昧です。誰かの兄弟が、誘拐されたとかだったような気がします。

それはおいておいて、麻雀シーンが読みやすくかつ内容も面白いですね。超能力的な麻雀マンガを否定する人もいるようですが、私はマンガなんだからエンターテイメント性が大事だと思います。格闘シーンはどうでもいいですが、作者さんが描きたいのでしょう。

余談ですが、今は引きヅモはマナー違反とされていますが、連載開始当初はそういう共通認識はなく、多くの人が普通に引きヅモしておりましたね。誰がマナー違反認定したのでしょうか。

0201_usagi

▲これを見て思った次第です。

 

「仕事が麻雀で麻雀が仕事」藤田晋

人生で辛いのは「悔い」を残したまま一生を終えること。

確かにそうですねー。私などは何が悔いかすら、考えたこともありませんが。

 

「鉄鳴きの麒麟児 ~歌舞伎町制圧編~」塚脇永久/闘牌監修:渋川難波

前回、フィルさんの気持ち悪い目の秘密を知りたいと書いたら注文どおり回想シーンが入りました。過度に充血(?)したら本当にあんな風になってしまうものなのでしょうか。初登場時点では、クールなキャラクターに見えましたが実は相当クレイジーな人物だったようです。

 

鉄鳴きの麒麟児 1-4巻セット

価格:2,796円
(2016/1/12 15:42時点)

鉄鳴きの麒麟児歌舞伎町制圧編(1) [ 塚脇永久 ]

価格:702円
(2016/1/12 15:42時点)

「牌王血戦 ライオン」志名坂高次

ライトマンは、サブタイトルからするとどうやら「希望を捨てた男」という位置づけのようです。

足の指を吹っ飛ばすような、狂気じみた麻雀なのに、三味線を指摘するクニヒロに少し笑ってしまいました。

希望を捨てて4面待ちをヤミテンにする男がなぜ強いのか、今のところ不明ですがもう一ひねりありそうな匂いが漂ってる気がしないでもありません。

 

牌王伝説 ライオン 1 (近代麻雀コミックス) (コミックス) / 志名坂高次

価格:700円
(2016/1/12 15:44時点)

「鉄牌のジャン!」西条真二/脚本:森橋ビンゴ/闘牌監修:ASAPIN
0201_jan
前々から気になっていたのですが、この作品はなぜ明らかな扉ページにタイトルロゴや作者クレジットが入っていないんでしょうか。

いやどうでもいい話なのですが、気になりだしたら止まらない性分なものでスイマセン。作者さんの指定なのでしょうか…。

 

内容の方は、闘牌監修にネット麻雀名人を付けただけあってよくなりましたね(それでもやや強引さは否めませんが)。
ただ私には主人公に感情移入ができないので、イマイチな感じは払拭できておりませんが。

僭越ながら、主人公の粗暴さをウリにするのならば、対決相手を巨大な権力にする(みせる)などの構造が必要かと思います。
0201_jan_02▲どうみてもコイツが悪役でしょう?

 

「秘技! 盲ハイ」モンキー・チョップ

ハイはハイでも「ハイチュウ」ですと。くだらなすぎて笑ってしまいました。面白いです。
0201_mouhai

 

名勝負数え唄(1)【電子書籍】[ モンキー・チョップ ]

価格:540円
(2016/1/12 15:45時点)


「西校ジャンバカ列伝 かほりさん」神原則夫

タイムリーなプロ野球選手の賭け麻雀ネタ。

賭博麻雀で停学一週間はやさしすぎませんかね…。

 

西校ジャンバカ列伝 かほりさん(1)【電子書籍】[ 神原則夫 ]

価格:607円
(2016/1/12 15:46時点)

【新品】【本】なんぼ儲けたいんや!?超FX術 月20万円の小遣い補完計画 北野誠/著 神原則夫/本文マンガ

価格:1,404円
(2016/1/12 15:47時点)

広告

「まるごと女流プロ雀士 ガチバトル紅白BOX」

「More」スペシャルトークライブ

かわいらしいお嬢さん方がたくさんいらっしゃいます。

その隣がED治療のクリニックというのは天の配剤というやつでしょうか。

 

「赤鬼哭いた」小松大幹/闘牌監修:渋川難波

絵に描いたようなサイコパスに目を付けられた主人公。
この女がひどい目にあうであろうことは、予想できますが「ひどい目」の度合いが想像できなくて怖いです。

赤鬼哭いた(1) [ 小松大幹 ]

価格:702円
(2016/1/12 15:48時点)

 

「3年B組一八先生」錦ソクラ

今回はへうげものっぽい振田差介先生が一八先生と室塚先生と対戦します。

振田先生はちょんまげこそしていませんが、古語っぽい言葉遣いです。

しかし、すぐ顔に出てしまうところが玉に瑕です。
0201_inpachi_01▲配牌悪いとこんな顔に。

0201_inpachi_02▲国士イーシャンテンだと、こんな顔に。

0201_inpachi_03▲おっさん、テンパイモロバレですよ。

お話自体は「いつものヤツ」です。

今回、私が元ネタに精通しておらず、面白さを存分にあじわうことができませんでした。

残念至極でございます。

【今だけポイント3倍!】侍父 1/錦ソクラ【後払いOK】【1000円以上送料無料】

価格:616円
(2016/1/12 15:51時点)

ロボこん!!(1)【電子書籍】[ 錦ソクラ ]

価格:702円
(2016/1/12 15:52時点)

 

「カナ」作画:あしか望/原作:伊藤誠

中学校の文化祭での麻雀大会の話。
「兎」の穴埋め企画かと思っていましたが、同時掲載するとは少し意外でした。
今回はひたすら対局でした。

ユキヒョウ 白銀の闘牌【電子書籍】[ あしか望 ]

価格:700円
(2016/1/12 15:53時点)

 

「麻雀小僧」押川雲太朗

コウVS古屋・大野ペア、決着。

前回の赤ドラ切りからのアガリで、トップ目に立ったコウ。
役牌カンツから2枚落としで、チートイツでリーチ。真っ直ぐ来る古屋もテンパイ。
大野がテンパイにとれば古屋のアガリ、オリに回ればコウに放銃という勝負のアヤを堪能させてくれます。
押川節が冴え渡ってます。大変面白いです。

麻雀小僧 1-11巻セット [ 押川雲太朗 ]

価格:7,701円
(2016/1/12 15:54時点)

 

「高レート裏麻雀列伝 むこうぶち」天獅子悦也/闘牌協力:ケネス徳田

建築現場事務所に金を届けに来た後堂が、待ちぼうけの時間つぶしで麻雀を打つハメに。
そしてそこに傀さんが登場。登場早っ!

4ページ目で「…打てますね?」

ってこれ、完全に武田にハメられてますよね。

「…打てますか?」じゃなくて「…打てますね?」っていうところがミソですね。
江崎さんに大勝ちされた武田が傀を呼んだのでしょうか? そもそも2千万持ってないのだから組長が帰ってきたら、後堂大ピンチですね。
ワクワクしてきました。とても面白いです。

あ、ルールはブー麻雀の変形ルールです。

そして次号はなんと天獅子悦也作品2本立てだそうで、傑作読み切り「家族の思い出(アルバム)」掲載ですと。「むこうぶち」の連載前の作品でしょうから、今は無き「近代麻雀ゴールド」あたりに掲載された作品なのでしょうか…。

【在庫あり/即出荷可】【漫画】むこうぶち 全巻セット (1-42巻 最新刊) / 漫画全巻ドットコム

価格:27,354円
(2016/1/12 15:55時点)

 

次号は今週末! 1月15日発売ですね!






2016-01-12 | Posted in レビュー, 近代麻雀No Comments » 

 

アカギ最新話レビュー(※ネタバレあり)

近代麻雀 2016年 2/1号 [雑誌]


ただいま発売中の「近代麻雀」2月1日号に掲載されている「アカギ」のレビューです。

 

年末に発売された号だというのに、更新が遅れてしまいまして申し訳ありません。
鷲巣のアガリ牌を先にツモり、国士のアガリを阻止したアカギ。

そのアカギに対して鷲巣は

「やはり今おまえに流れはないの…!」

と、聞き分けのないギャルのようにわからんチンを言い出します。

 

仰木は「何言ってんだコイツ?」状態ですが、鷲巣が次にツモった牌を見て状況を理解します。

0201_akagi

▲今回の見せ場です

 

鷲巣のツモ牌は[發]。

そして手牌の[白]のとなりの黒牌も(仰木目線からはおそらく)[白]。

 

なんと、三元牌がすべてトイツ!

さらにその全てが鈴木からのアシストが可能!

 

なんとなんと、鷲巣の大三元が確定したのです!

 

…などとわざとらしく盛り上がってみましたが、アカギが4枚目の[1ソー]をツモった時点で予測されたとおりの展開でしたね。若干スピーディーに鷲巣がツモったので、次回はテンパイくらいまではすすんでもらいたいと思います。

 

最後は、同テンの引き合いとかになるのでしょうか…。

アカギ(30) [ 福本伸行 ]

価格:702円
(2016/1/12 15:17時点)

数量限定★近代麻雀公式★アカギ鷲巣麻雀牌

価格:10,000円
(2016/1/12 15:18時点)

2016-01-12 | Posted in レビュー, 近代麻雀No Comments »