レビュー, 近代麻雀

「近代麻雀」1月1日号レビュー

0101
さてただいま発売中の「近代麻雀」1月1日号のレビューを綴ってまいりましょうかね。

明日には次の号が発売されてしまいますから、いまさら誰得感が否めませんが雀鬼先生も仰ってますように、自分との約束は大事ですからね!

巻頭カラーは「麻雀最強戦2015ファイナル」特集。
結果を知ってから読むと感慨もまたひとしお、といった感じでしょうか。
前田直哉プロの『「大陸間弾道ミサイル打法」の異名を持つ』とかは誰が考えているのでしょうかね。本当にそう呼ばれているとしたら、本人はかなり恥ずかしいのではないでしょうか…。

公式サイトはまだ更新されてませんね。(12月14日)
http://ch.nicovideo.jp/mahjongsaikyosen

竹書房的には、破れた藤田社長の「来年もスポンサーになります」の一言に胸をなでおろしたのではないでしょうか。

「アカギ」

鷲巣が国士を崩して新たに手を作り直しにいきました。これはまた長い1局になりそうですね…。

「新宿雀荘メンバー戦記 LOST」

なんだか絵柄がシャープになった感じですが、好印象です。今回は山田(仮)の過去が明かされます。
だいたい予想通りの過去ですが、元妻に送金を続けているということが家族の絆であり、山田(仮)の生きている証、という設定はとても良いですね。彼の麻雀に負けられない背景に、素直に感情移入できて応援したくなります。麻雀シーンも、さすがの押川節で文句なしです。大変面白いです。

「麻雀小僧」

追い詰められたコウと古屋・大野の戦い。ノーテンブラフで敵の読みを惑わせる作戦。1回戦目の1人ノーテンと、今回の全員ノーテンの対比が良いですね。とても面白いです。

「鉄鳴きの麒麟児 ~歌舞伎町制圧編~」

過去のウータン店長のビジュアルがヤバいですね。歌舞伎町というよりもサウスブロンクスですね。行ったことはありませんが。三白眼のフィルさんに刺されたことがある店長、そんな人は出入り禁止にしてもよいかと思いますが。麻雀の強い弱いは1牌の選択に差が出るわけですが、そのすごさを渋川プロはうまく表現していますね。今回のフィルさんの4m打ちなどは、とてもよい仕事だと思います。かなり面白いです。

「鉄牌のジャン!」

ジャンがパソコンが使えないということを、丸々1話かける価値があるのか疑問ではあります。次の話への布石なのでしょうが、今回の盛り上がりどころがよくわかりませんでした。


「牌王血戦 ライオン」

サブタイトルが「楽しむライオン」とありますが、足の指を吹き飛ばす麻雀をどう楽しむのかと。今回で黒田を倒した木田の強さの秘密が明かされます。で木田無双になるのかと思いきや、ライトマンが割って入って続きます。この辺の先を読ませない展開はうまいですね。面白いです。

 

「無法地帯の賭博師 モリソン」

次回で最終回だそうで、スピーディーな展開がよかっただけに少し残念です。まぁ終了が決まったから早く進行していたのかもしれませんが…。
実質闘牌は今回が最後でしょうから、モリソンがどう打つのか見ものですね。とはいえ、選択肢は8sか3mしかなさそうですが。


 

「高レート裏麻雀列伝 むこうぶち」
サブタイトルが「凧の舞う夜」。タコ打ちの海藤が、傀の「御無礼」を破る話。海藤→カイト→凧→タコですな。かつて桜井章一が「西原が3人いたら俺は勝てない」といったのと同じロジックなのでしょうか。

近代麻雀 2016年 1/1号 [雑誌]

価格:570円
(2015/12/14 10:30時点)













2015-12-14 | Posted in レビュー, 近代麻雀No Comments » 
Comment





Comment