2015-11

「近代麻雀」12月15日号レビュー

近代麻雀 2015年 12/15号 [雑誌]

感想(0件)


今号は「3年B組一八先生」(錦ソクラ)が掲載されていなかった失望のため、レビューを書く筆をなかなか手に取ることができませんでした。

そこまで大げさではないですが、予想外に多忙で記事を書くことができずに申し訳ありませんでした。
さて、次の号が発売される前にレビューしてみましょうか。

今号の特徴は巻頭カラー記事「初代天鳳位ASAPIN」、付録小冊子天鳳位何切る(ASAPIN監修)、読みきりマンガ「初代天鳳位ASAPIN」とASAPIN氏大特集号となっております。

個人的にはASAPIN氏のようなオタクっぽい(失礼)人物がフィーチャーされるのは好ましいと感じております。
一昔前のヤクザスタイルの裏プロ(?)のような人物を持ち上げるよりは、5億倍くらいよいのではないでしょうか。
麻雀がマインドスポーツとしての認知が上がってきたように思えて、よい傾向にみえます。

記事中のASAPIN氏の上司である楠田氏の証言にある
ASAPINの性質は
・時間にルーズ
・体が弱い
・コミュニケーション能力が低い
・自分に優しい
などは親近感を覚えてしまいますが、こういった(ダメな)人物でも一芸に秀でていればゴハンを食べていけるという、非常に夢のあるサンプルということになるのでしょうか。

「鉄鳴きの麒麟児 ~歌舞伎町制圧編~」塚脇永久/闘牌監修:渋川難波
天鳳つながりで、巻頭は麒麟児です。
カンチャンからノベタンへの待ち変えを読みきっての、シャンポンリーチからのツモ。カッコイイです。
kirinji_01kirinji_02 稲作に格上の実力を見せつけて、次にいよいよフィルさんとの直接対決へ。
アツいですね~。非常に面白いです。

鉄鳴きの麒麟児歌舞伎町制圧編(1) [ 塚脇永久 ]

価格:702円
(2015/11/27 11:22時点)

「初代天鳳位ASAPIN」原案:ASAPIN/作画:上遠野洋一
初代天鳳位が誕生するまでのダイジェストマンガ。ネット麻雀にハマって、大学を留年し、勝ち取った「初代天鳳位」の称号。
正直いうと微妙な出来栄えです。
もう少し見せ場を整理すれば、より面白い作品になったのでは…。詰め込みすぎて散漫な印象が強いです。

「牌王血戦 ライオン」志名坂高次
あまり凄みを感じさせない木田の麻雀。それなりの腕前であることは確かでしょうが、オーラス一発ウラのハネマン直撃はやはりあまり凄みを感じさせません。そういうキャラクターなのでしょうが、現時点では読んでいてもやもやしますね。
lion今回は謎の前フリなので、次回に明快に明かされることを期待しましょう。

牌王伝説 ライオン 1-4巻セット [ 志名坂高次 ]

価格:2,796円
(2015/11/27 11:25時点)


「鉄牌のジャン!」西条真二/脚本:森橋ビンゴ
んー、正直言って麻雀以外のところで決着をつけるのは私の好みではありません。しかも今回だけではなく、どうやら料理マンガの主人公を流用しているために毎回こんな展開になることを予想させます。これはこれでアリなのかもしれませんが、元ネタのマンガをしらない私のような人間には興ざめといわざるをえません。
あと、ナツメグ云々のネタも説得力に乏しいですし、なにより勝負中に敵陣で出されたものを食べるとか、展開にも無理がありすぎかと思われます。
「麻雀+α」でいくなら(多くの作品は失敗しますが)、もうふたがんばりくらい必要なのではないでしょうか。
jyanあ、見せ方は工夫があってよいと思います。

鉄鍋のジャン とれとれピチピチ!魚介料理

価格:500円
(2015/11/27 13:59時点)

「麻雀小僧」押川雲太朗
古屋と大野を勝たせないために自らとんで辻村を勝ち上がらせるコウ、という意外(?)な展開で楽しませてくれました。これはコウのキャラクターを引き立たせるとてもよいエピソードですね。とても面白いです。
kozou_01ところで「ドビ!」っていうのは「トビ!」の誤植なのでしょうか…?
kozou_02

麻雀小僧(1) [ 押川雲太朗 ]

価格:699円
(2015/11/27 11:26時点)

「高レート裏麻雀列伝 むこうぶち」天獅子悦也/闘牌協力:ケネス徳田
「新札」完結編。旧札を表で使える新札に交換するために、高レート麻雀に訪れた武井。そこに旧知の秀がやってきて…。
なので、今回は武井・傀・秀の三つ巴になるのかと思いきや、秀が途中退場。精算結果が「秀 +400万」となっているのは笑いました。ただの泥棒やん! って秀さんはもともと泥棒だから問題ありませんのね…。
buchi_01buchi_02手出し牌の場所で手牌構成を読むというのは、いまさらなイメージでしたがオチのキレが良い読後感を残しましたね。面白いです。

むこうぶち(第1巻) [ 天獅子悦也 ]

価格:606円
(2015/11/27 14:01時点)










2015-11-27 | Posted in レビュー, 近代麻雀No Comments » 

 

今回の「3年B組 一八先生」は最高に面白い!

inpachi_01
ただいま発売中の「近代麻雀」12月1日号に掲載されている「3年B組 一八先生」のレビューです。

いまや掲載されているか否かで、売り上げが3割違ってくるといわれている大人気作品。
それが「3年B組 一八先生」。

言っているのは主に私だけですが。

最初に言ってしまいますが、今回は最高に面白いです!

パロディーマンガの、ひとつの到達点と言っても過言ではないかもしれません。
マンガ史上に残る名作といえるでしょう! すいません、過言でした。
inpachi_02今回のゲストキャラクターは、個人貿易商の雀之頭 雀五郎(すずめのかしら じゃんごろう)さん。

現在、深夜ドラマが放映されている某マンガの主人公に似ているように見えるのは、もちろん単なる偶然です。

inpachi_03彼はただ麻雀が打ちたいだけだそうです。
そうでしょうとも。そうでしょうとも。

inpachi_04入ったお店の主は、どこかで見たことのあるかもしれない小説家に似ているような人物。なぜか大きな市民性を感じさせます。

東1局から麻雀に没入する雀之頭さん。

inpachi_05inpachi_06

inpachi_07こういう描写はいいですねぇ。麻雀打ちの感情を掴みます。
うまいなぁ。

inpachi_08しかし、お説教が好きな店主のおかげであっという間に打ち気が削がれてしまいます。
inpachi_09この後の展開は、なぜかみなさんご存知かもしれないアノ技が極まります。

「くは~っ 激痛し~っ!!」

で爆笑してしまいました! 卑怯の域に達してますわ、これ!

さらにこの後、グルメマンガの大御所が登場してきれいにオチが決まります。

この完成度の高さはなんなんでしょうか。
もはや一八先生そっちのけでやりたい放題じゃないですか!

今後もこのクオリティが維持できるのか、いらぬ心配をしてしまいます。

これを読んだ方は「近代麻雀」を購入の上、自宅で楽しんでいただきたいと思います。
立ち読みだと、大笑いして周囲から白い目で見られることになりますからね!

最高に面白いです。

近代麻雀 2015年 12/1号 [雑誌]

価格:570円
(2015/11/10 12:09時点)

【新品】【本】侍父   1 錦 ソクラ 著

価格:616円
(2015/11/10 12:10時点)

ロボこん!!(1)【電子書籍】[ 錦ソクラ ]

価格:702円
(2015/11/10 12:11時点)








無料ポイントプレゼント

2015-11-10 | Posted in レビュー, 近代麻雀No Comments » 

 

アカギ最新話レビュー(※ネタバレあり)

近代麻雀 2015年 12/1号 [雑誌]

価格:570円
(2015/11/5 16:45時点)


「近代麻雀」の発売日になると、インターネット空間の辺境にある当ブログのようなサイトでも訪問者が増える傾向にある。

検索キーワードをみると最も多いのが「アカギ」「ネタバレ」である。

要するに「アカギ」の展開を皆いち早く知りたいということのようなのだが、どっこいこちらはまだ更新しておらず、なんだか申し訳ない気分になった次第。

なのでボチボチ記事を書こうかなと筆を取ったところで、ふと手が止まった。
「アカギ」「ネタバレ」で検索してきた人たちは、最新話の内容を知ったらそれで満足して実際に作品を読まないのではないか?

私としては今回の「近代麻雀」はこんな面白い作品が載っているのだよ、みんなで(購入して)読んで楽しもうではありませんか、という読者と出版社がともに幸せになれる関係を意図してレビューなどを書いているわけなので、「展開」だけ知って「内容」を知ったと誤解されるのは本意ではない。

とはいえ多様な娯楽にあふれた現代において、ひとつのマンガ作品に割くことの出来る時間には自ずと限りがあるわけで、ひとそれぞれと割り切るしかないのだろうか。

さて、今回の「アカギ」最新話レビュー(※ネタバレあり)としては、

「鷲巣様がめまいを起こし、トリップして幻覚に対する怒りで目を覚ましました。おわり」

である。

今の「アカギ」に不満を持っている人は、これをもって「今回なくてもよくね?」なんて思うのかもしれないが、そうではないのですよ、マンガの楽しみ方というのは!

1105_01ツモったと思ったイーソーから鳳凰が抜け出したり(この時点ですでに幻覚が始まっている)、

1105_02黒い月を見たり、

1105_05薄型テレビを見ながらBBQに興じる鬼を見たり、

1105_03鬼に小ばかにされて怒りに我を忘れてみたり、

これらすべてが楽しむべき対象なのですよ。

極限の闘いを続け、血を抜き、疲労困憊に陥った人間はどうなるのか?

鷲巣様の脳内では何が起こっているのか?
という風に、描写の中心が物理現象ではなく、登場人物の内面に重きをおいているのである。

勝負モノの宿命として、対戦者同士の読み合いが重要になるため、こうなるのはもはや必然なのだ。

するとどうなるか。

物理的な時間の進み方が遅くなるのである。
麻雀を打つ方にはお分かりいただけるかと思うが、人間は同時並行的に様々なことを考えている。ツモ牌による選択、他家の挙動、後ろの卓の声が大きい客、などなど…。

「アカギ」では作品内ですべての思考を描写しようとしているため、物理時間が極端に遅くなっているのである。

一般に、勝負モノマンガが展開が遅くなりがちなのはそういう理由からであろう。

そこで一言言いたいのは「遅くてなぜ悪い?」である。

「鷲巣麻雀」編は休載期間などを含めて、足掛け17年に渡る超長期連載作品である。
逆に、ひとつのシリーズでこれだけ長く楽しめることを喜ぶべきではないのか?
1105_04
今回の鷲巣様の怒り具合を見れば、もうひと波乱ありそうな雰囲気が漂っているではないか。

また、マンガ時間の進み方については項を改めて述べてみたいと思う。

近代麻雀 2015年 12/1号 [雑誌]

価格:570円
(2015/11/5 16:47時点)

数量限定★近代麻雀公式★アカギ鷲巣麻雀牌

価格:10,000円
(2015/11/5 16:48時点)

アカギ(30) [ 福本伸行 ]

価格:702円
(2015/11/5 16:49時点)

iPhone 5s/5 専用 アカギ × Highend berry コラボハードケース (ぬるりBLACK)【アカギ/iphoneケース/iphoneカバー/アカギiphoneケース/iphoneケース/クリアケース/ざわ…ざわ…/コラボ/福本伸行/グッズ/ハイアンドベリー】【あす楽対応】【即納】

価格:2,980円
(2015/11/5 16:50時点)

【全巻セット】アカギ (1-30巻 続巻)/福本伸行/講談社/送料無料【中古】afb【全巻】【漫画セット】【古本】【大人買い】【最強の全巻ショップ】

価格:5,980円
(2015/11/5 16:51時点)











A8.net

無料ポイントプレゼント

2015-11-05 | Posted in レビュー, 近代麻雀No Comments »