よもやま, 雀荘業界

雀荘業界の求人事情

先日、とある麻雀業界関係者に話を伺う機会があった。
その方は雀荘経営にはタッチしてはいないが、複数の経営者とつながりがあり、話の信憑性は高いと思われる。

いわく雀荘業界の人手不足は深刻で、そのことが原因で廃業する店舗がほどなく出てくるであろう、とのことである。
人手不足は雀荘に限った話ではないので、そのときは「そんなものですか」などと受け流していたが、後に考え直してみると雀荘独自の理由があるのではないかと思えてきた。

その前に、求人をめぐる概況を考えてみよう。
2014年11月以降、有効求人倍率は1倍を超えて、今年に入っても上昇傾向である。おおざっぱにいうと「アベノミクス」による景気回復の効果だろう。おもに飲食・運送・建設などの業界で人手が不足し、2020年のオリンピックのインフラ整備までこの傾向がつづくとみられているようだ。

人手が足りないなら、従業員の賃金は上がるはずだ。待遇を改善しなければ人が集まらないのだから、当然だ。しかし自分の周りでも給料が上がった人の話はあまり聞かない。実際実質賃金は前年比マイナスである。むしろ下がっているのだ。これはなぜか?これに対する答は、「非正規社員が増えて労働人口が流動化したため、雇用は増えたが実質賃金は上がらない」とい
うことのようだ。

話を元に戻そう。雀荘業界に限っては先述したような話以前の問題が大きい。

働く側から見た雀荘業界は、かなり異様に見えるのではないか。
なにしろ「お客と金銭を賭けて麻雀を打つのが業務内容」「業務として麻雀を打つ時のゲーム代は自腹」「勝ち負けの金銭負担も自腹」「深夜勤務当たり前、ただし割り増し手当てとかは知らんからね」というのが常態化しているのだから、この条件で働きたいと思う人がなかなか見つからないのは当然といえば当然だろう。

なにしろ、少し麻雀に負け続けたら給料を前借りするハメになってしまうのだ。働いているはずが借金を背負うことになった、などというケースも多々あろう。
雀荘経営者は人手不足云々の前に、労働条件を考え直すべきではないか。
もっとも、大手チェーン店などはゲーム代バックや深夜手当てなどは大分改善されているようではある。この点でも、昔ながらの個人店とチェーン店では一線を画されている。

条件面以外にも、働く側から見た雀荘業界には大きな壁がある。
そもそも「お客と金銭を賭けて麻雀を打つ」こと自体が違法行為であるということである。お金を賭けることが正しいか悪いかではない。現在の法律には反する行為だということは、そこで働く人に少なからず抵抗を覚えさせるには十分であろう。

私の結論は次のとおりである。

人手不足が叫ばれている世の中で、運が悪ければ手が後ろに回るような労働環境で働こうという人は皆無であろう。賃金を上げることで、いくらか改善の余地はあるかもしれないが本質的な解決にはならない。法律が改正されて、レートの乗った麻雀が合法化されるか、ノーレート店に鞍替えするかの二つに一つ。選択肢は、このどちらかしかないのではないか。

【即納】【1年保証】 全自動麻雀卓 S9 マージャン

JUNK MAT(ジャンクマット)白牌セット 麻雀マット&麻雀牌セット/マージャン【あす楽対応】











国士無双

2015-10-20 | Posted in よもやま, 雀荘業界No Comments » 
Comment





Comment