レビュー, 近代麻雀

近代麻雀10月15日号レビュー (※ネタバレあり)

cover

いやー、まるまる1ヶ月更新をさぼってしまいまして申し訳ありません。明日には次の近代麻雀が発売されてしまうので、なんとかギリ間に合ったということでご勘弁いただきたい。

 

巻頭カラー企画

桜井章一 × 小林剛

流れ論の総本山のようなお方と、スーパーデジタルと呼ばれるプロ雀士の対談。終始平行線をたどり続ける内容で、どこか高みに止揚するようなカタルシスは微塵もありません。DVDは未見。

それにしても、麻雀プロを否定する人物との対談に応じるのはプロ的にはアリなんでしょうかね。

 

今回特筆すべきは
「西校ジャンバカ列伝 かほりさん」神原則夫
ですかね。

パンチ山田とか懐かしいですね。
この作品はギャグに積極的に時事ネタを取り入れるところが特徴です。

なので、昔の単行本を読み返すと「このネタ、なんだっけ?」のようなことになりますが、雑誌掲載にはこのスタイルが合ってますね。
今回の「ネタ」は武藤貴也議員とパクリトートバッグ。
20151001_muto
kahori
美白嬢王は元ネタがあるのでしょうか? その辺は疎いのでわかりませんが。
オチにパクリトートバッグを持ってくるあたり、なかなか良いセンスですねー。
とても面白いです。

そして私のもう一本のお気に入りは、そう
「3年B組 一八先生」錦ソクラ です。
今回は浦沢直樹しばりとでもいうか「20世紀少年」、「マスターキートン」の登場人物によく似たキャラクターがそれっぽいことを言ってます
(もうネタバレしてもいいですよね)。
20151001_chiipon
「マスター・チーポン」という名前だけで笑ってしまいます。

今回のキャラクターの発言も、しっかりとネタ元の仕様にそった文体となっておりますね。
どういうことかというと、「近代麻雀」では通常フキダシの中には句読点は入りませんが、チーポンとケンジに限っては小学館の仕様に合わせて句読点が入っています。こころなしかモノローグのフォントまで似てますね。
20151001_inpachi
例によって描き文字までそっくりに似せており、完成度高いですね。

ショート作品にレビューが偏るのもどうかと思いますが、今回はこの辺で。

近代麻雀 2015年 10/15号 [雑誌]

価格:570円
(2015/9/30 17:13時点)

2015-09-30 | Posted in レビュー, 近代麻雀No Comments » 
Comment





Comment