レビュー, 近代麻雀

「近代麻雀」9月15日号レビュー その4(※ネタバレあり)

近代麻雀 2015年 9/15号 [雑誌]

価格:570円
(2015/8/12 14:18時点)


「3年B組 一八先生」 錦ソクラ

うぉぉぉ、私の大好きな「一八先生」が載っている!
あー面白い、とても面白い、大変面白い。
さすがに発売日にネタバレは控えます。なので今はどんなネタなのかは内緒です。皆さんは「近代麻雀」を買って読んだほうがいいですよ! 単行本にならないかなぁ…。

↓少しだけみどころ紹介20150915_inpachi
こんなの絶対笑いますよ(おじさん限定)。

「近代麻雀プレミアリーグ」

魚谷侑未涙涙の優勝だそうです。おめでとうございます。
あれ、魚谷プロはモンド杯でも勝ってましたよね。強いんですねぇ。
(※目次表記は「プレミアリーグ」のみ、筆者名も表記ナシ。どういう基準なんでしょうか。本当に謎。)

近代麻雀Presents 近代麻雀プレミアリーグ2015 前期 決勝戦

価格:2,430円
(2015/8/12 14:20時点)

「無法地帯の賭博師 モリソン」 森遊作/闘牌監修:佐藤聖誠

矢倉の過去の因縁回想。ヒル蔵との間に亀裂があったようです。
モリソン、9600点差でオーラス。どうやら同点にするという条件は難しそうですね。子で4800点は無理ですし。モリソンは満ツモに焦点を合わせて、山にいそうな待ちでリーチ!

ところがツモったのは安目で、しかも矢倉の仕掛けに一点で読んだアタリ牌。

アガっても裏がなければ敗北、切れば放銃でもちろん敗北。

んー、どうするんでしょうかね。
自分の読みがハズれていることに賭けてツモ切り?
裏ドラに賭けてアガる?
こういう2択は珍しいですね。

どっちを選んでもかっこ悪いという…。
どういう解決策を用意しているのか、佐藤プロの腕の見せ所ですね。
今回、道中の闘牌シーンもよかったので期待したいと思います。

まさかの警察闖入でウヤムヤに… とかは避けてもらいたいですが。

とても面白いです。

無法地帯の賭博師モリソン(1) [ 森遊作 ]

価格:702円
(2015/8/12 15:06時点)

「高レート裏麻雀列伝 むこうぶち」 天獅子悦也/闘牌協力:ケネス徳田

六本木の裏カジノが舞台。むこうぶちでカジノといえばもちろんこの人、巫藍子ですね。知らない人は単行本で読みましょう。面白いですよ。
1局ごとに5万点ベットして、青天井で精算するという特殊麻雀。
しかしこれ、ハウス側3人だと胴元に有利すぎやしませんかね。客同士だとほんとにカジノにあってもおかしくない気はしますが。
傀と巫が対戦するわけでもなさそうですし、なにやら変わった展開が期待できそうですね。

むこうぶち(第41巻) [ 天獅子悦也 ]

価格:702円
(2015/8/12 15:08時点)

【漫画】むこうぶち 全巻セット (1-41巻 最新刊) [天獅子悦也先生描き下ろし収納ボックス付] / 漫画全巻ドットコム

価格:26,652円
(2015/8/12 15:13時点)

MAOH 全4巻完結セット[少年サンデー] by 天獅子悦也【中古】

価格:500円
(2015/8/12 15:16時点)

【中古】川俣先生 教育日誌 全5巻 全巻完結[コミックセット]天獅子悦也 小学館 少年サンデー【RCP】

価格:250円
(2015/8/12 15:17時点)

「近代麻雀占い」 KOMO
私のかに座は1位だそうです。そうですか。
(※占い師の名前も表記ナシ)

「実戦に出る100の基本!」 福地誠
私なら[4s]でも[東]でもなく[6m]切ります。

「我れ悪党なり」 桜井章一
今回は特に目新しい話題はありませんね。というか10年くらい前からずっと同じ事を言ってますね。さすがに私も飽きてます。コピー&ペーストでも誰も気づかないのでは?

感情を整える [ 桜井章一 ]

価格:1,404円
(2015/8/12 15:20時点)

「でかぴん麻雀入門」 山崎一夫/西原理恵子
税金が還ってきたそうです。おめでとうございます。
竹書房がネームの確認をとりにきたそうです。おめでとうございます。

湯探歩 [ 山崎一夫 ]

価格:1,080円
(2015/8/12 15:21時点)

生きる悪知恵 [ 西原理恵子 ]

価格:864円
(2015/8/12 15:22時点)

「麻雀ジャーナル」
最高位戦日本プロ麻雀協会 classic決勝戦/女流リーグ戦/アマ最高位予選
日本プロ麻雀連盟 麻雀トライアスロン決勝メンバー/ロン2カップ
日本プロ麻雀協会 フェニックスオープン/リーグ戦配信予定
その他 24時間われめDEポン!

「キンマ編集部裏話」 カネポン/菅野航
ブログでやるべき内容。というか内容がありません。このページ分のお金を返していただきたいです。

いやー、ふと気になって目次なんかに触れてしまったら4本に渡る長いレビューになってしまいました。読んでいただいた方、ありがとうございました。しかし、このレビューでは「近代麻雀」の面白さを1割も伝えられていませんので、ご自身で読んでみていただきたいです。

2015-08-12 | Posted in レビュー, 近代麻雀No Comments » 
Comment





Comment