レビュー, 近代麻雀

麻雀最強戦2015 著名人代表決定戦感想 その3

決勝戦のメンバーは 押川雲太朗・加藤哲郎・本郷奏多・植田佳奈(敬称略・以下同)

視聴者による勝者予想は、
本郷 47.5%
植田 33.2%
押川 9.8%
加藤 9.4%
と、直前の予選B卓の結果に引っ張られている様子です。まぁ正直このアンケートは、まったくアテになりませんので、気にしないことにしましょう。

さて、対局は起家から本郷・押川・加藤・植田の順。

東1局、植田が高目イッツー、4面待ちの先制リーチ。アガリは磐石かと思いきや、加藤が独特の打ち筋でチートイツ・ドラ2に仕上げて植田から討ち取りました。A卓勝ち上がり者は一味違います。

東2局、本郷がタンヤオ・高目イーペーコー・ドラ2のヤミテンを入れます。そして同巡に植田がドラが1枚のリャンメン形でリーチを掛けます。本郷はヤミテンを続行し、安全牌に窮した加藤が植田の現物牌で本郷に8000点を放銃となります。

リアル鬼ごっこ ジ・オリジン 全6巻 序章【全7巻セット】本郷奏多

東3局、親の加藤が6巡目にピンフ・高目イッツーの3面待ちで先制リーチ。このリーチに植田が暗刻の[白]に手をかけて、結果アガリを逃してしまします。そして加藤が安目ツモで1300オールのアガリをものにします。
同1本場、押川と植田の2軒リーチに挟まれた本郷が押川に2600点の放銃。放銃牌は植田のアガリ牌でもあったのですが、ここはアタマハネです。

東4局、現在ラス目の植田はここでなんとかしたいところ。8巡目に役ナシテンパイを果たします。1巡ダマテンを入れて9巡目にリーチを掛けますが、これは流局。一人テンパイです。

同1本場、今度は植田が仕掛けを入れて先行します。終盤に加藤もテンパイを入れて、2人テンパイで流局かと思われました。しかし、本郷がここで不用意に植田のアガリ牌を切ってしまい5800点の放銃となってしまいます。完全安牌がなかったとはいえ、今まで打たなかった牌を切ってしまったのは不用意といわれてもしょうがないところです。

同2本場、加藤が8巡目にタンヤオのリャンメン形で先制リーチ。親の植田も同じ待ちにしてチートイツで追いかけます。結果は加藤がツモアガリ、裏ドラも乗せてマンガンのツモアガリをものにし、再びトップ目に返り咲きます。

南1局、植田が9巡目にリーチし危なげなくツモアガり、500・1000のアガリで加藤との点差を詰めます。

咲ーSaki- Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 植田佳奈 ]

南2局、加藤が役牌を早々に仕掛け、リャンメンテンパイを入れて場を流しにかかります。しかしこの待ちが場に放たれず、押川が追いつきペンチャン待ちでリーチを掛けます。このリーチに加藤はたまらず雀頭を切って回らざるを得なくなります。そして皮肉なことに、先ほどまでのアガリ牌である[3ピン]が押川の河に置かれます。加藤はこれをチーしてテンパイ復活。結果植田の一人ノーテンで流局。加藤はアガリ逃しが明らかなだけに、複雑な心境でしょう。

同1本場、落ちていたはずの押川の親が続きます。こういう親は怖いです。そして押川のリーチ・ツモ・ピンフ・ドラ2の4000オールが決まります!

同2本場、またも押川のリャンメン形先制リーチ。終盤に本郷も意地の高目リャンペーコーで追いかけますが、これは流局。

同3本場、またまた押川の先制リーチ。今度は植田がテンパイで粘りますが、終盤で降りに回ります。結果は押川がツモアガリ、2000オールのアガリです。

同4本場、植田が加藤からマンガンをアガり、ようやく長い連荘に終止符を打ちます。

南3局、親の加藤が意地の先制リーチのメンタピン・ドラ1に、手詰まりの植田がとびこんで12000点の放銃。加藤はこれでトップ目の押川に15300点差に迫ります。

同1本場は、押川が1300点で加藤の親を落とします。

南4局、親の植田はアガるのみ。3着の本郷は役満ツモ。2着の加藤はハネマンの直撃が条件。
結果は加藤の一人ノーテンで決着は次局に持ち越しとなりましたが、この局は本郷が盛り上げました。

20150715_01
役満ツモ条件で四暗刻テンパイ!
おしくもアガリには結びつきませんでしたが、スター性をみせつけました。

[iPhone 5s/5専用]アカギ × Highend berry コラボハードケース (ざわざわCLEAR)【RCP】【楽ギフ_包装】(あす楽対応)【10P30Nov14】

同1本場、植田の1000オールツモで望みをつなぎます。

同2本場、あわや親の植田のノーテン終了かと思われましたが、加藤が的確に植田の必要牌をおろし、形式テンパイを入れさせます。さすがに上手いです!

【中古】BBM/レギュラー/BBM ヒストリックコレクション2010メモリーメーカーズきらめきの瞬間/近鉄バファローズ 15 : 加藤 哲郎 【05P04Jul15】【画】

しかし押川もテンパイで次局へ。

同3本場、押川が片アガリイーペーコーのテンパイを入れてダマテン。これに植田がとびこんで、長い戦いに決着がつきました。
20150715_02

押川さんは麻雀は、押すべきところは押す、我慢すべきところは耐える、場面に適した打牌を選択しつづける試合巧者のそれでした。
おめでとうございます。
20150715_03

麻雀小僧 1-11巻セット [ 押川雲太朗 ]



麻雀ゲーム『Maru-Jan』


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

DVD>近代麻雀Presents麻雀最強戦FINAL(2014上巻)

2015-07-15 | Posted in レビュー, 近代麻雀No Comments » 
Comment





Comment