2015-07

「近代麻雀」8月15日号を読んでみた その2

近代麻雀 2015年 8/15号 [雑誌]

価格:570円
(2015/7/24 17:37時点)

※ただいま発売中の「近代麻雀」のネタバレを含みます。ご注意ください。

「牌王血戦ライオン」第2話
堂嶋の鍵を握る山川の口を割らせるために、麻雀でねじ伏せようとする堂嶋。スピード麻雀に対抗するための策は…? という話の流れ。スピード麻雀に特化したガラパゴス卓かと思いきや、敵が加カンしなかったことから実はチキン卓であったことを喝破する堂嶋。ライオンのキャラクターを立たせるための非常にわかりやすく良い闘牌シーンでした。とてもおもしろいです。

牌王伝説ライオン(1) [ 志名坂高次 ]

価格:699円
(2015/7/24 17:38時点)


【中古】コンビニコミック 麻雀倶楽部 / 志名坂高次【P19Jul15】【画】【中古】afb

価格:80円
(2015/7/24 17:39時点)

「赤鬼哭いた」 飢えたる犬も鬼を恐れる(後編)
ヒダカっちとヒロポンの物語後編。大変後味が悪いです。閲覧注意といったところでしょうか。前後編モノとしての出来はかなり良いと思います。才二がまったくの脇役ですが、気にしないでおきましょう。

赤鬼哭いた(1) [ 小松大幹 ]

価格:702円
(2015/7/24 17:40時点)


雀獄島-【電子書籍】

価格:648円
(2015/7/24 17:41時点)



「鉄鳴きの麒麟児」
夢でトラウマにうなされる蛭林さん。気持ち悪い目や、足の爪がなかったりするのは怖い過去を連想させます。一方オモシロい彼女相手に童貞を卒業した稲作くん、ほほえましいです。桐谷に代わってネット麻雀を打とうとする小梅。今回はつなぎの回という印象。後の盛り上がりに繋がりそうで期待できそうです。

鉄鳴きの麒麟児 1-4巻セット

価格:2,796円
(2015/7/24 17:42時点)
感想(0件)

「ムダヅモ無き改革 血戦!! 尖閣諸島沖波高シ!!」 完結回
「ネオ中華ソビエト共和国なる」禍々しい名前の艦は沈み、戦いは日本軍の完全勝利で幕を閉じました。そして続編を匂わせて、いったん休載のようです。最後まで大和田節全開で突っ走りきりました。

ムダヅモ無き改革 [ 大和田秀樹(漫画家) ]

価格:668円
(2015/7/24 17:43時点)

「麻雀小僧」
国枝を押し上げ、次は自分が勝ち上がる番となった田中。親番もなくトップとは2万点以上の差。しかも手牌は重い。麻雀打ちなら誰もが経験したことがあるであろう、典型的なダメパターン。ここから逆転しないと敗退ですから、かなり厳しいシチュエーションです。トップを走っているのは島田さんという脇役っぽい人ですから、なんとかなるのか…? と思ったら土門が来ました。島田さんはヒッカケなど考えなければアガっていた、というこちらも麻雀あるあるパターン。なんとか望みをつないだ田中に好配牌が…! という感じで今回も非常におもしろいです。主役が田中だったので、地味な印象でしたが。

麻雀小僧 1-11巻セット [ 押川雲太朗 ]

価格:7,701円
(2015/7/24 17:43時点)

「モリソン」
モリソンVS矢倉の戦い。大物手を狙うモリソンは矢倉に一歩遅れる展開です。しかしこの勝負、実はモリソンが勝っても負けても殺される手はずになっています。麻雀の勝ち負けとは別に、暴力で解決する話は好きではないのですが、この状況は双方の立場に説得力があるので納得できますね。どうやってモリソンが切り抜けるのかがポイント。まさか、わざわざ同点に持っていくような余裕はモリソンにはないと思いますが…。

無法地帯の賭博師モリソン(1) [ 森遊作 ]

価格:702円
(2015/7/24 17:45時点)











人気ブログランキングへ

2015-07-24 | Posted in レビュー, 近代麻雀No Comments » 

 

「近代麻雀」8月15日号を読んでみた その1

近代麻雀 2015年 8/15号 [雑誌]

価格:570円
(2015/7/23 23:22時点)

今日はもう23日、発売日は15日。

一週間以上も放置してしまいました。正直にいうと、今回はあまりテンションが上がらなかったので、レビューの筆がなかなか手につかなかったのです。

理由は…。

私の大好きな「3年B組 一八先生」が載っていなかったからです!

前号の予告ページに載っていなかったのは確認済みなので、わかってはいたのです。

わかってはいたことなのですが、やはり現物を確認したら落胆もまたひとしおでございました。おかしな日本語になっているのも、私の落胆ゆえとお察しください。

なので、今回若干辛口レビューになってしまうのは、やむを得ません。

今号の特徴としては、
・付録DVD
・巻頭カラー企画「これに気付いてない麻雀打ちは永遠にモテない。」
・新連載「ナナヲチートイツ RED DRAGON」
・読切り作品「でりまん!」
・レポートマンガ「女流 菊の陣」
といったところでしょうか。

俯瞰してみるに、女性ネタが多めであり、良くいえば男の欲望に素直な構成、悪くいえば安易の一語ということになりましょうか。


付録DVDは未見につき割愛。

「これに気付いてない麻雀打ちは永遠にモテない。」は上京したての大学一年生あたりには役に立つかもしれませんね。おそらくこの企画の担当者は、昔「プレイボーイ」や「Hot Dog Press」を愛読していたクチでしょう。

余談ですが、ここ10数年で雀荘のマナーは著しく向上しました。以前の記事で書いたように「レートの低下」がその理由の一つでありますが、女性雀士が増えたこともどうやら一因と言えそうですね。男性たるもの、やはり女性の目は気になるものですから。

さて新連載の「ナナヲチートイツ」ですが、これは前作の続編ですね。
とはいえ、私は昔の話はさっぱり覚えていませんが、そういう読者を置いてけぼりにした作りになっているのは、正直微妙です。
母親への復讐にもえるナナヲとパートナーの中也の物語のようですが、初回はキャラクターの顔見せと状況説明の回。中也がトラウマによって不能状態である点が、唯一共感できる点でしょうか。私はまだ不能ではありませんが、年齢による衰えは感じざるを得ません。最終回では中也くんが男性機能を取り戻すシーンが描かれるのでしょうか。

【漫画】ナナヲチートイツ 全巻セット (1-3巻 全巻) / 漫画全巻ドットコム

価格:2,100円
(2015/7/23 23:26時点)

「でりまん!」は残念ながらありきたりの麻雀エロ漫画の域を出ていません。
このページ数をインパチ先生に授けていただきたいものです。

「女流 菊の陣」は麻雀最強戦の女流代表決定戦のレポート漫画。
片山まさゆき先生、久々の登場です。しかし、どうみても起用方法に疑問符がつきます。3半荘の闘牌内容を伝えるにはページ数が少なすぎますし、女流プロを美しく見せたいのならば違う作家をキャスティングすべきかと。
まぁ素直に片山まさゆき先生の復活を喜びたいと思います。

レギュラー作品については次の稿でレビューいたします。









人気ブログランキングへ

2015-07-23 | Posted in レビュー, 近代麻雀No Comments » 

 

麻雀最強戦2015 著名人代表決定戦感想 その3

決勝戦のメンバーは 押川雲太朗・加藤哲郎・本郷奏多・植田佳奈(敬称略・以下同)

視聴者による勝者予想は、
本郷 47.5%
植田 33.2%
押川 9.8%
加藤 9.4%
と、直前の予選B卓の結果に引っ張られている様子です。まぁ正直このアンケートは、まったくアテになりませんので、気にしないことにしましょう。

さて、対局は起家から本郷・押川・加藤・植田の順。

東1局、植田が高目イッツー、4面待ちの先制リーチ。アガリは磐石かと思いきや、加藤が独特の打ち筋でチートイツ・ドラ2に仕上げて植田から討ち取りました。A卓勝ち上がり者は一味違います。

東2局、本郷がタンヤオ・高目イーペーコー・ドラ2のヤミテンを入れます。そして同巡に植田がドラが1枚のリャンメン形でリーチを掛けます。本郷はヤミテンを続行し、安全牌に窮した加藤が植田の現物牌で本郷に8000点を放銃となります。

リアル鬼ごっこ ジ・オリジン 全6巻 序章【全7巻セット】本郷奏多

東3局、親の加藤が6巡目にピンフ・高目イッツーの3面待ちで先制リーチ。このリーチに植田が暗刻の[白]に手をかけて、結果アガリを逃してしまします。そして加藤が安目ツモで1300オールのアガリをものにします。
同1本場、押川と植田の2軒リーチに挟まれた本郷が押川に2600点の放銃。放銃牌は植田のアガリ牌でもあったのですが、ここはアタマハネです。

東4局、現在ラス目の植田はここでなんとかしたいところ。8巡目に役ナシテンパイを果たします。1巡ダマテンを入れて9巡目にリーチを掛けますが、これは流局。一人テンパイです。

同1本場、今度は植田が仕掛けを入れて先行します。終盤に加藤もテンパイを入れて、2人テンパイで流局かと思われました。しかし、本郷がここで不用意に植田のアガリ牌を切ってしまい5800点の放銃となってしまいます。完全安牌がなかったとはいえ、今まで打たなかった牌を切ってしまったのは不用意といわれてもしょうがないところです。

同2本場、加藤が8巡目にタンヤオのリャンメン形で先制リーチ。親の植田も同じ待ちにしてチートイツで追いかけます。結果は加藤がツモアガリ、裏ドラも乗せてマンガンのツモアガリをものにし、再びトップ目に返り咲きます。

南1局、植田が9巡目にリーチし危なげなくツモアガり、500・1000のアガリで加藤との点差を詰めます。

咲ーSaki- Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 植田佳奈 ]

南2局、加藤が役牌を早々に仕掛け、リャンメンテンパイを入れて場を流しにかかります。しかしこの待ちが場に放たれず、押川が追いつきペンチャン待ちでリーチを掛けます。このリーチに加藤はたまらず雀頭を切って回らざるを得なくなります。そして皮肉なことに、先ほどまでのアガリ牌である[3ピン]が押川の河に置かれます。加藤はこれをチーしてテンパイ復活。結果植田の一人ノーテンで流局。加藤はアガリ逃しが明らかなだけに、複雑な心境でしょう。

同1本場、落ちていたはずの押川の親が続きます。こういう親は怖いです。そして押川のリーチ・ツモ・ピンフ・ドラ2の4000オールが決まります!

同2本場、またも押川のリャンメン形先制リーチ。終盤に本郷も意地の高目リャンペーコーで追いかけますが、これは流局。

同3本場、またまた押川の先制リーチ。今度は植田がテンパイで粘りますが、終盤で降りに回ります。結果は押川がツモアガリ、2000オールのアガリです。

同4本場、植田が加藤からマンガンをアガり、ようやく長い連荘に終止符を打ちます。

南3局、親の加藤が意地の先制リーチのメンタピン・ドラ1に、手詰まりの植田がとびこんで12000点の放銃。加藤はこれでトップ目の押川に15300点差に迫ります。

同1本場は、押川が1300点で加藤の親を落とします。

南4局、親の植田はアガるのみ。3着の本郷は役満ツモ。2着の加藤はハネマンの直撃が条件。
結果は加藤の一人ノーテンで決着は次局に持ち越しとなりましたが、この局は本郷が盛り上げました。

20150715_01
役満ツモ条件で四暗刻テンパイ!
おしくもアガリには結びつきませんでしたが、スター性をみせつけました。

[iPhone 5s/5専用]アカギ × Highend berry コラボハードケース (ざわざわCLEAR)【RCP】【楽ギフ_包装】(あす楽対応)【10P30Nov14】

同1本場、植田の1000オールツモで望みをつなぎます。

同2本場、あわや親の植田のノーテン終了かと思われましたが、加藤が的確に植田の必要牌をおろし、形式テンパイを入れさせます。さすがに上手いです!

【中古】BBM/レギュラー/BBM ヒストリックコレクション2010メモリーメーカーズきらめきの瞬間/近鉄バファローズ 15 : 加藤 哲郎 【05P04Jul15】【画】

しかし押川もテンパイで次局へ。

同3本場、押川が片アガリイーペーコーのテンパイを入れてダマテン。これに植田がとびこんで、長い戦いに決着がつきました。
20150715_02

押川さんは麻雀は、押すべきところは押す、我慢すべきところは耐える、場面に適した打牌を選択しつづける試合巧者のそれでした。
おめでとうございます。
20150715_03

麻雀小僧 1-11巻セット [ 押川雲太朗 ]



麻雀ゲーム『Maru-Jan』


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

DVD>近代麻雀Presents麻雀最強戦FINAL(2014上巻)

2015-07-15 | Posted in レビュー, 近代麻雀No Comments » 

 

麻雀最強戦2015 著名人代表決定戦感想 その2

予選B卓 福本伸行・蛭子能収・本郷奏多・植田佳奈

こちらの卓は重いA卓とは違って何が起こるかわからない、カオスを予想させるメンバーです。「アカギ」の原作者VS俳優対決でもありますし、福本・蛭子の漫画家対決でもあります。
注目は対局初登場の本郷奏多さん。麻雀は好きで、友達とよく打っているとのウワサですが、どの程度のものなのでしょうか。

私の感想を言わせてもらうと、

かなり打てます!

さて、それでは対局の中身をみてみましょう。
起家から、本郷、植田、蛭子、福本(敬称略・以下同)。

20150714_B_01
東1局、蛭子が四暗刻をねらわずイーペーコーの確定リーチ。福本はホンイツを狙って勝負。本郷もドラを勝負してチーしてテンパイ! とめまぐるしく局面が進行します。

そして次巡、本郷が蛭子のアタリ牌を掴んでしまいます。親番でドラまで勝負したタンヤオのリャンメン待ちですから、放銃してもおかしくありません。むしろ普通振込みます。
20150714_B_02
しかし、本郷テンパイを壊して回ります。ピンズが安全なので落としてまわせる局面ですが、なかなかここでピンズに手が掛かる人は少ないのではないでしょうか。

20150714_B_03
そしてソウズにくっつけて再びテンパイしていた本郷、17巡目にまた蛭子のアタリ牌を掴みます。テンパイを維持するには切らざるをえません。しかしなんと、ここで本郷再び現物を切ってテンパイを壊します。結果、親は落ちてしまいましたが振込みは回避しました。

この一局は、この若者は相当打てる! と思わせるに十分な内容でした。視聴者のコメントも盛り上がっておりました。

東2局は、蛭子がタンピンドラドラのヤミテンを福本からロン。蛭子が好調です。
東4局は本郷の4巡目リーチに蛭子が飛び込み、5200点のアガリ。
東場4局、ツモアガリのない出アガリのみの戦いです。

そして南1局、激戦は続きます。
親の本郷がペンチャン待ちで先制リーチ。それに蛭子・福本も立て続けにリーチで追いかけます。2着残りのルールなのですが、お構いナシのようです。

20150714_B_04
そして、本郷がマンズをツモる! 盛り上げ方も心得てます!
2000オールで連荘の本郷、先制シャンポンテンパイを入れますが今度はダマテンを選択します。トップ目に付きヤミテンですが、リャンメンに変化したところでリーチを掛けてツモりアガリます。

南2局、後がない親番の植田がイーペーコーのペンチャン待ちでリーチを掛けます。しかし、3着目の福本が役牌のドラをポンしてホンイツ傾向で、ハネマンが見えてます。福本はリーチ後に、3枚使いの[6ピン]をポンして次巡強引にテンパイを入れます。
安全牌に窮した蛭子がが、壁を頼りに切った牌が植田のアタリ牌。ここは植田が首の皮を繋ぎます。
そして1本場、ソーズのホンイツ狙いの福本がドラの[5ピン]を切り、植田がこれをポン。カン[4ピン]のテンパイからリャンメンに待ち変えします。これに2着目の蛭子がテンパイから放銃し、植田が2着に浮上しました。

同2本場は、本郷が5巡目に500・1000をツモり、場を流します。
さて、オーラス。着順は本郷・植田・福本・蛭子。ラス親の福本はアガりつづけるのみ。蛭子は2着には倍マンツモか植田からのハネマン直撃が必要。
流局や役牌のみで、一時は2着に浮上した福本でしたが3本場はテンパれず、植田の一人テンパイで再び2着に上がり、勝ち上がりを決めました。

この半荘は本郷奏多の鮮烈なデビュー戦ということで、竹書房としてはほくほくといったところではないでしょうか。本郷さんかっこよかったです。


麻雀ゲーム『Maru-Jan』


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

DVD>近代麻雀Presents麻雀最強戦FINAL(2014上巻)

近代麻雀Presents 麻雀最強戦2014 ファイナル 中巻

近代麻雀Presents 麻雀最強戦2014 ファイナル 下巻

2015-07-14 | Posted in レビュー, 近代麻雀No Comments » 

 

麻雀最強戦2015 著名人代表決定戦感想 その1

全編無料だったので、普段は見ない麻雀配信をつい見てしまいました。

予選A卓 加藤哲郎・先崎学・押川雲太朗・綾辻行人
予選B卓 福本伸行・蛭子能収・本郷奏多・植田佳奈

のメンバーで各卓上位2名が決勝に進出し、半荘1回でファイナル進出メンバーが決定するとのことです。

最強位には300万円が授与されるとのことですので、スポンサー様々といったところでしょうか。
そういえば全編無料だったのもサイバーエージェント様のおかげですな。
今夜は渋谷には足を向けて寝られませんね。

そして解説席には、麻雀プロ試験に合格したという勝間和代さん。
正直いって苦手な感じの人ですが、ロジカルな解説は意外と悪くなかったです。画面で見ている分には。

そして不意にオープニングで白川道さんの追悼動画がながれたところで、少し泣きそうになりました。歳をとると涙腺が弱くなっていけませんな。よい演出でした。

さてA卓は起家から先崎学、綾辻行人、押川雲太朗、加藤哲郎の順(敬称略・以下同)。
事前の勝者予想では綾辻が45%でトップでした。やはり2011年の四暗刻のインパクトが大きかったせいでしょう。

近代麻雀 麻雀最強戦2011著名人代表決定戦【全3巻セット】

固い打ち手がそろったA卓だけに、予想された通りの重い展開となりました。
予選は2着までが勝ち上がりなので、先行リーチに対してはなかなか踏み込んでいけません。そんな中、東場で2局連続でリーチを潰された先崎がやや苦しそう。

南3局、ラス目で親番を迎えた押川。[東]をポンして8巡目にテンパイ。
20150713_A_01
ここを3面張ではなくシャンポン待ちに受けて、高めの[發]をツモり2600オールのアガリをものにします。ここで一気に2着に浮上したのは大きいですね。

その後さらにマンガンをツモり、押川トップでオーラスに突入。3位の綾辻にやってきた配牌はヤオチュウ牌が9種類の決して良くはない手。

20150713_A_02

2位浮上の条件は1000・2000のツモアガリか5200の出アガリが必要な状況です。かなり後手は引いてますが、絶望的というほどではありません。
しかし、綾辻は国士無双を狙っていきます。綾辻は対局後のコメントで、オーラスは白川さんを意識して狙ったそうで

さすが文学者!

と今度は少し泣いてしまいました。
オーラスは全員ノーテンでそのまま終了し、押川・加藤が勝ち上がりとなりました。ラスの先崎でも1300・2600ツモでOKという、非常に僅差となった対局でした。そんな中で、仕掛けを交えて比較的足を使って自分のペースに持ち込めた押川に軍配が上がりました。しかし、正直誰が勝っても全然おかしくない白熱した内容で、非常に見ごたえがありました。

今週いっぱいは視聴可能のはずなので、ご覧になってみてはいかがでしょうか。



麻雀ゲーム『Maru-Jan』


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

DVD>近代麻雀Presents麻雀最強戦FINAL(2014上巻)

2015-07-13 | Posted in レビュー, 近代麻雀No Comments » 

 

新連載「カナ」第1話レビュー

ぼんやりしていると、あっという間に次の号が発売されてしまいますので、すべての作品ではなく、気になったものをピックアップしていく方式にしたのはよいのですが、本日ははや10日でして、来週には次号が発売となります。ほんと、歳をとると時間の流れが早く感じられます。

近代麻雀 2015年 8/1号 [雑誌]

価格:570円
(2015/7/10 15:55時点)


もとい、「近代麻雀」8月1日号から「カナ ―丹花の闘牌―」が連載開始となりました。
本作は「兎」のスピンオフ企画なわけですが、トビラページに「原作:伊藤誠 ネーム完全描き下ろし!!」とクレジットされております。

SoftBank DIGNO R 202K/Disney Mobile on SoftBank DM015K ケース/カバー ウチュウ犬「ウサギ・兎・兔・うさぎ」ディグノ アール/スマートフォン 202k ケース/スマホケース スマートフォンアクセサリー

価格:1,980円
(2015/7/10 16:00時点)

「人気ナンバーワン女性キャラが、スピンオフで登場!!」とありますので、どうやら人気ナンバーワンの女性キャラクターの外伝なのでしょう。

新庄香那が中学1年生の物語のようですが、本編よりもやや明るめのビジュアルに設定されております。本編のままだとやや暗い印象があるので、主役としてはやや弱いとの判断なのでしょうが、正しい判断だと思われます。

父親が代打ちであることを知ってか、ひそかに麻雀プロへの道を志すカナ。父に内緒でネット麻雀で腕を磨いております。

無粋なのを承知で一応ツッコミを入れておきますが、

時代設定おかしくないですか?

Wikipediaによると、本編「兎」の連載開始が1996年とありますから、当然時代設定はそれ以前になるわけです。その時代のネット麻雀といえば「東風荘」なわけですが、「東風荘」は1996年12月テスト運用開始とあります。まぁ私はその辺は気にしない性質なので、おもしろければどうでもいいです。「ガラスの仮面」の速水真澄が携帯電話を軽々と使いこなすマンガ時空ということで。

初回はカナのお披露目とその他の人物紹介で、カナの初舞台である文化祭へと話は続きます。



原作伊藤誠と銘打つだけあって、非常に面白いです。やはりこの作家はネームの構成力が非常に高いです。作画が違う人でも、はっきりと「伊藤誠ネーム」の力が感じられます。

セリフのつながり、見開きの画面構成、読者の目線誘導など読者にストレスを与えることなく、心地よくページをめくらせる工夫が施されてあります。さすが作画家も「ユキヒョウ」コンビだけあって原作の風味にマッチしており、好感が持てます。次回も期待したいと思います。と思ったら【次回は8/1日発売号掲載!!】だそうです。

ところで「東風荘」を調べていて少し驚いたのですが、まだやってるんですね…。一時期少しやりこんだものでした。いろいろあって遠ざかってしまったままだったのですが、もうIDも忘れてしまったなぁ…。









人気ブログランキングへ

2015-07-10 | Posted in レビュー, 近代麻雀No Comments » 

 

「アカギ」最新話レビュー(※ネタバレあり)

近代麻雀 2015年 8/1号 [雑誌]


「近代麻雀」8月1日号に掲載「アカギ」第275話のレビューです。鷲巣麻雀6回戦オーラスです。まぁここ2年ほどずっとオーラスなわけですが。

【中古】小物(キャラクター) アカギ石勝守 アカギ墓碑開眼・十周忌法要 記念グッズ【05P04Jul15】【画】

鷲巣の配牌国士無双テンパイに対して、アカギはメンゼンチンイツのテンパイ。
そして鷲巣にツモを回さないために、わざわざ待ちを狭くしてまで安岡からダイミンカンし、ツモ順をとばします。しかしアカギはリンシャン牌でアガることはできず、再び鷲巣のツモ番が迫ります。

鷲巣は自らの豪運でツモアガることを宣言します。対してアカギは「奇跡は粘る者の手に舞い降りる!」と名言ぽいセリフを吐きます。

このアカギの諦めない宣言が、安岡の心を動かします。アカギを死なせてはならぬと、悪徳刑事には似合わない純粋な心持ちです。

安岡は、自分が鷲巣の1牌しかないアガリ牌を先にツモってしまえばよいのだと、自分の命を賭す覚悟でツモります。

しかし、残念ながらツモったのは違う牌。もはや鷲巣がツモるのを待つばかりかと思いきや、その牌は再びアカギにカンのチャンスが回る8ソーだったのです!

といった具合に、次回再びアカギがカンする布石が整ったところで次回に続きます。

麻雀の進行としては、大方の読者の予想の範疇だったのではないでしょうか。

しかし、ことはそう簡単には収まりません。みなさん大事な点を見落としてはいけませんよ。

今回、安岡が自分が死のうともアカギを生きながらえさせねば! という覚悟でツモに臨んだ際「ポッ」「フワー」という擬音とともに光りだすのです。

これは悪徳刑事の安岡の純粋な気持ちの漫画的表現だと思ったのですが、岡本のモノローグに『なんか今… この刑事が瞬間光ったような』との描写があるのです。

ということは、安岡は現場で実際に光ったわけです(少なくとも岡本にはそう見えた)。
それどころか岡本は『まるで 鷲巣様が時々発せられる あの光…』と、鷲巣の発光についても確認している様子です。しかも複数回にわたって。つまり鷲巣が光る描写も、漫画的演出ではなく実際に発光していたという位置づけなわけです。

たとえば、今回はアカギが太刀をもって巨岩に挑むシーンがありますが、あれはさすがに比喩表現であろうことは想像できます。
しかし、いつぞやの鷲巣の背後にいた物の怪や悪霊の類などもてっきり比喩表現かと思っていましたが、もしや…。

いや実際あんなのが出てきたら麻雀どころではないでしょうから、さすがにうがちすぎですかね。そう思うことにしましょう。

iPhone 5s/5 専用 アカギ × Highend berry コラボハードケース (ぬるりBLACK)【アカギ/iphoneケース/iphoneカバー/アカギiphoneケース/iphoneケース/クリアケース/ざわ…ざわ…/コラボ/福本伸行/グッズ】【あす楽対応】【即納】

アカギ 豚骨ラーメン(5食入)











人気ブログランキングへ

2015-07-09 | Posted in レビュー, 近代麻雀No Comments » 

 

「牌王血戦 ライオン」最新話レビュー(※ネタバレあり)

近代麻雀 2015年 8/1号 [雑誌]


「近代麻雀」8月1日号に「牌王血戦 ライオン」の第2話が掲載されました。

かつて「堂嶋」という男に敗れた主人公が、再会するために「堂嶋」の名を名乗って麻雀を打ち続けていくというストーリー。なので主人公は「堂嶋」であって「堂嶋」ではありません。捜し求める相手の名を名乗る、という設定がやや意味不明ではありますがオリジナリティーが溢れている、ということにしましょう。

第1話目では、腕時計を使ったイカサマを見事に逆用して勝利した堂嶋。第2話では冒頭から見せ金が足りない件を追求されてます。こういうヒーローっぽくない、かっこ悪いシーンが入るのも本作品の特徴です。

ペットのための慈善団体に10万円を寄付。そこを弟子入り志願のクニヒロに発見される。彼をまいた際にサイフを落としてしまう(タネ銭は別)。頭にきた堂嶋は、タネ銭を使ってスキヤキを食べる。現場でタネ銭を確認され、14,680円足りないことが露見してしまう。

このくだり必要なのでしょうか?

単に「サイフを落とした」だけではいけないのか? クニヒロに追われている描写が必要だったのか? 正直よくわかりません。笑うところだったのかもしれません。

刀剣乱舞 -ONLINE- とうけんらんぶ とうらぶ 堀川国広 ホリカワクニヒロ コスプレ 制服 武士服 着物 和服コスプレ豪華五点セット コスプレ コスチュームcosplay★MATObuy

さて弟子入り志願の「クニヒロ」から資金を補填し、なんとか卓に着くことができた堂嶋。どうやらこのメンバーの中に、捜し求める人物がいるようです。とはいっても本物の堂嶋なら、顔を見ればわかるはずですから、堂嶋に繋がりのある人物がこの中にいるのでしょう。対局が始まりますが、堂嶋は焼き鳥ルールに特化したスピード麻雀に翻弄されてしまいます。

オーラスを迎えて焼き鳥状態。ひとアガリするだけ30万円が助かるルールです。
しかし堂嶋は鳴いて2着を取りに行く麻雀を拒否し、ラスを引いてしまいます。

「それは堂嶋の麻雀ではない」

と軽いアガリを否定します。

鳴けば5万円のプラスで終われていたところを、マイナス73万ですから大きな違いです。こういった金額の大きさによるキャラクター描写は麻雀漫画では定番ですが、100万未満というところがリアリティーを感じさせます。

さて「堂嶋」の名を聞いて反応を示したのが、同卓者の山川。あからさまに冷や汗を流して、動揺の色を隠せません。

そしてこの山川こそが、堂嶋いわく本物の堂嶋を知る「土曜会」の生き残りなのだそうです。

なるほど、ここで「堂嶋」を名乗るメリットが表れたということですね。珍しい名前だけに、相手も思わず反応してしまうという仕掛け、お見事、天晴れです。たいへんおもしろいです。

次回は「土曜会」なる集まりの内容があかされるのでしょうか。

牌王伝説ライオン(1) [ 志名坂高次 ]

牌王伝説ライオン 2 [ 志名坂高次 ]

牌王伝説 ライオン(3) [ 志名坂高次 ]

牌王伝説ライオン(4) [ 志名坂高次 ]

2015-07-08 | Posted in レビュー, 近代麻雀No Comments » 

 

麻雀都市伝説

近代麻雀 2015年8月1日号【雑誌】【後払いOK】【2500円以上送料無料】

seki

「近代麻雀」8月1日号の巻頭に、「近代麻雀スペシャル企画 Mr.都市伝説 関暁夫の麻雀都市伝説」なる特集記事が載っておりました。

関暁夫の「都市伝説」といえば竹書房から出たヒット商品ですから「近代麻雀」に出張してきたのも当然といえば当然。むしろなぜ今まで出なかったのでしょうか。

リード文には
「新時代にふさわしい都市伝説的な打ち方を、関暁夫が教えましょう! これであなたも神秘の麻雀力に目覚めるかもしれません。信じるか信じないかはあなた次第です。」
とおなじみのフレーズであおります。

いやぁ正直いうと、私好きなんですよ。都市伝説。

かつてユリ・ゲラーとかUFOとか口裂け女といった、オカルトブームの時代があったのですが、今この現代に、しかも「近代麻雀」でオカルトが楽しめるとは。デジタル全盛期のこの麻雀界に、180度真逆に逆送するかのような特集記事。ある種の心意気を感じます。

ユリ・ゲラー「ユリ・ゲラー」

価格:2,160円
(2015/7/3 17:41時点)

口裂け女 スペシャル・エディション [ サトウエリコ ]

価格:2,052円
(2015/7/3 17:43時点)

「矢追純一」に集まる未報道UFO事件の真相まとめ [ 矢追純一 ]

価格:1,566円
(2015/7/3 17:44時点)

久しぶりに感じた、雑誌らしい記事といえなくもありません。

さて内容ですが、
「相手の捨て牌から当たり牌を見抜け!!」
「捨て牌から当たり牌は読めない」というのが定説の現代において、昭和50年代に逆戻りしたかのような見出しです。いやむしろ未来を行っているのでしょう、なんせMr.都市伝説ですから。彼には凡人には見えないものが見えるに違いありません。

「本当に存在した幻の透視麻雀牌!!」
めがねをかけると透けて見える牌(正確には透けているわけではないですが)の紹介。これは2000年くらいの「近代麻雀」で特集記事を読んだ覚えがあります。たしか麻雀博物館の所蔵品ですね(現在は閉館中)。

麻雀の歴史と文化 [ 麻雀博物館 ]

価格:6,264円
(2015/7/3 17:46時点)

「超感覚の塊!! 雀鬼・桜井章一伝説!!」
なんと、桜井さんのご子息が東京NSC時代の関暁夫の同期だったとは! 「3へぇ」くらいしょうか、この無駄知識。各駅停車の列車に乗って、乗降客の人数をイメージして感覚を研ぎ澄ますそうです。結果裏ドラが見えるようになるのだとか。もちろん「Shoichi」などでおなじみですね、このエピソード。

【中古】コンビニコミック 伝説の雀鬼Shoichi 甦る頂上麻雀 / 神田たけ志【P25Jun15】【画】【中古】afb

価格:80円
(2015/7/3 17:48時点)

「トリックアートで感性を磨け!!」
常識や固定観念から感覚を解き放つそうです。

トリックアート大百科

価格:565円
(2015/7/3 17:49時点)

「今よみがえる、失われた役たち!!」
古役紹介コーナー。「失われた役」に「ロストアーク」とルビを振るあたりが、かっこいいです。「金門橋」という役は初見でした。

「これが新時代の役満だ!!」
関氏お得意の「なんでもフリーメイソンにこじつけるぞin麻雀」。役の名は「秘密結社」だそうです。なかなかインパクトがあって面白いと思います。
「いっそ出禁を覚悟してフリー雀荘で新役・古役を披露してみてはどうでしょう? 新時代の伝説を作れるかもしれませんよ。」という投げ遣りなシメはどうかと思いますが。

フリーメイソンの秘密 [ レッカ社 ]

価格:699円
(2015/7/3 17:51時点)

懐かしい「ESPカードの麻雀牌版」などもついた楽しいページです。
7月12日、7月24日にはトークライブがあるそうです。
お好きな方にはたまらない! というやつですね。あ、私はいいです。

Mr.都市伝説関暁夫の都市伝説(5) [ 関暁夫 ]

価格:1,404円
(2015/7/3 17:34時点)


Mr.都市伝説関暁夫の都市伝説(4) [ 関暁夫 ]

価格:1,404円
(2015/7/3 17:34時点)


S・セキルバーグ関暁夫の都市伝説(3) [ 関暁夫 ]

価格:1,404円
(2015/7/3 17:35時点)

ハローバイバイ・関暁夫の都市伝説(2) [ 関暁夫 ]

価格:1,296円
(2015/7/3 17:36時点)


ハローバイバイ・関暁夫の都市伝説 [ 関暁夫 ]

価格:1,296円
(2015/7/3 17:37時点)





人気ブログランキングへ

2015-07-03 | Posted in レビュー, 近代麻雀No Comments » 

 

「3年B組 一八先生」最新話レビュー(※ネタバレあり)

近代麻雀 2015年8月1日号【雑誌】【後払いOK】【2500円以上送料無料】


本日発売の「近代麻雀」8月1日号に「3年B組 一八先生」が掲載されてます。
同作品は今一番面白い麻雀漫画であり、私が最も楽しみにしている作品でもあります。
今回は画像を交えてレビューしたいと思います。

※本作品はあくまで筆者の主観でありまして、読まれた方がどう思われるかはその人の自由です。できれば「近代麻雀」を購入し、ご自身で読んでいただきたいと思います。私のレビューなどよりも100倍面白いですから。
1p
さて、今回は「警官と教師と中学生がフリーで同卓」というシュールな絵からスタートです。
そしてさっそく、2ページ目で今回のゲストキャラクターが登場します。
3p
三筒三筒(みづつ・さんぴん)くんです。

「釣りが著しく大好きな少年が活躍する漫画」の主人公によく似た人物ですね。

すでにこの時点でとても面白いのですが、ここで右下のアオリ文句に注目してみましょう。
アオリ
「釣○キチならぬ雀キチ少年…!?」

伏字にするところソコかよっ!? っと思わずツッコミを入れてしまいました。出版社的には「キチ」の部分を伏せるべきなのではないのかと。

さて、ごく当然の流れとして一八先生と三筒くんの対局が始まります。三筒くんの腕前は…!?
6p
ハイ、強いですね!

そして私はここでひとつ発見しました。
キャラクターの動きが大きい矢口高雄作品は麻雀漫画に向いている、ということを!
あれ? なぜ矢口高雄の名前が思い浮かんだのでしょうか。まったくの謎ですね。

【中古】【書籍・コミック セットコミック】矢口 高雄 釣りキチ三平 全65巻 番外編2巻【中古】afb

7p
それはさておき、三筒くんの腕前はマスターのお墨付きです。

って、この人いつのまにか準レギュラーみたいになってますよ!? しかも仰木みたいな立ち位置で、解説役に回ってますし。面白いじゃないですか。

さて、オーラス。

三筒くんは2着の巡査に2万2千点差をつけて、堂々のトップ目です。
9p-019p-02
2着狙いの加藤のリーチに、的確に差し込みにいく三筒くん。さりげなくキッチリ麻雀漫画しているあたりが、本作品の評価が高い理由でもあるのです!

そして、
10p
「卓化け」を使う一八先生!

卓化けって何!?

「己の気配を場に同化させ、殺気を消す麻雀の極意」だそうです。

某釣り漫画には「石化け」の術を使う、毛ばり山人という人物が登場しますが、もちろんまったくの偶然でしょう。

そして重要なのは、この「卓化け」が単なるパクリパロディーではなくストーリーに見事にマッチしているということなのです!

故みやわき心太郎先生は、かつて「牌の音マル秘ストーリーズ」の中で「麻雀が上手い人は、卓から気配が消えてしまう」と述べていました。
このように「3年B組 一八先生」は単なるギャグ漫画ではなく、まぎれもない「麻雀スピリット」が込められた「麻雀漫画」なのです。
11p
そして「卓化け」を察知した三筒くん、現物のアンコ落としでオリに回ります。
はたして、勝負の行方はどうなるのでしょうか?

さすがに一番の大オチは伏せておきますが、
まさか三筒くんが親にハネマンを放銃するなんてことはないでしょう。
ラストは一見の価値アリですよ!

【中古】 PS SIMPLEキャラクター2000シリーズ Vol.09 釣りキチ三平 THE 釣り

さてここからは余談になりますが、今回の話を読んでマジメに驚いた点がひとつありました。

便宜上、一八先生と加藤を「近代麻雀組」とします。
そして、三筒くんとマスターを「マガジン組」とします。理由はまったくわかりませんが。

では両者を比べてみましょう。
「近代麻雀組」
10-410-3

「マガジン組」
10-210-1
お分かりいただけたでしょうか。

そう、「近代麻雀組」のセリフやモノローグがいつものように「…」(三点リーダー)なのに対して、「マガジン組」の方は親本にのっとって「‥」(二点リーダー)になっているのです!

あれ? どうでもいいですかコレ? すごい発見をしたつもりなんですけど、私。

私の知る限り、ひとつの作品の中でこのような使い分け方がされているものは見たことがありません! ここまでのこだわりを見せられると、読むほうのテンションも上がろうかというものです! まさに「神は細部に宿る」とはこのことです。そうか?

というわけで「3年B組 一八先生」は2015年上半期麻雀漫画大賞を差し上げたいと思います!

いい言葉ですねぇ、「神は細部に宿る」。
11-1
アレ… 3点リーダー?

11-2
アレ… リーダーが混在…?

11-3
アレ… フォントが…?

釣りキチ三平ルアーコレクション アカメ+三平[クランク]シークレット

3年B組金八先生 DVDコンプリートBOX(全85枚組) <完全予約限定生産>【中古】









人気ブログランキングへ

2015-07-01 | Posted in レビュー, 近代麻雀No Comments »